カブシキ!

  • 2017/10/12(木)
  • 黒革の手帖 松本清張

    黒革の手帖

    7500万円の横領金を資本に、銀座のママに転身したベテラン女子行員、原口元子。店のホステス波子のパトロンである産婦人科病院長楢林に目をつけた元子は、元愛人の婦長を抱きこんで隠し預金を調べあげ、5000万円を出させるのに成功する。次に彼女は、医大専門予備校の理事長橋田を利用するため、その誘いに応じるが……。夜の紳士たちを獲物に、彼女の欲望はさらにひろがってゆく。

    松本清張の代表作。
    ドラマは観たことがないのですが、名著であれば読んでみようと思いまして。

    上下巻でかなりのボリュームですが、スラスラと読めました。それだけ引き込む力がある小説です。

    時代背景は昭和50年代です。
    携帯電話も、パソコンも、メールもない時代、主人公の原口元子は、黒革の手帖に銀行員や、医者の預金口座の控えをメモしていき、これをもとに彼らを脅迫していきます。

    脅迫の金額が、7500万円とか、億とか、次第にエスカレートしていきます。

    最後は予想通りの転落が待っています。


    時代背景を平成に代えても、十分通用する小説です。
    東野圭吾氏とかに、リメイクさせると非常に面白いものになりそうです。
    スポンサーサイト

  • 2017/10/11(水)
  • 弱くても勝てます 高橋秀実

    弱くても勝てます

    甲子園も夢じゃない!? 平成17年夏、東大合格者数日本一で有名な開成高校の野球部が甲子園大会東東京予選ベスト16に勝ち進んだ。グラウンド練習は週一日、トンネルでも空振りでもかまわない、勝負にこだわりドサクサに紛れて勝つ……。監督の独創的なセオリーと、下手を自覚しながら生真面目に野球に取り組む選手たちの日々。思わず爆笑、読んで納得の傑作ノンフィクション!

    開成高校野球部に、ノンフィクション作家の高橋秀実氏が密着して、その野球に対する独特な練習法を追いかける内容です。

    超進学校の開成高校では、部活は週に1回だけ。
    その一回の練習は、殆どが打撃の練習にあてられます。守備の練習は無しで、内野ゴロなどは殆どエラーしてしまうそうです。
    監督は、サインも出さない。打ちたいように打つという方針で、とにかく大量得点を取って、ドサクサに紛れて勝つという方法です。

    野球の有名校は、専用のグランドがあり、毎日練習して、まず守備を固めてからバッティングの練習をするのセオリーです。
    点を取られない野球をするのが強豪校。

    開成高校はハナから守備を捨てて、自分たちの練習量で勝てる唯一の方法を模索した結果が、バッティングだけで勝つという方法とのことでした。

    実際に東京予選でベスト16まで勝ち進んだこともあるそうです。

    確率的には勝つことは少ないが、その少ない確率を極限まで高めるために努力する。
    あたまの良い高校生らしい発想です。この考え方は、仕事にも応用できると思います。自分の長所だけに集中して投資して、少しでも成功する確率をあげる。
    この考え方って、結構大切な気がしました。

  • 2017/10/10(火)
  • 君たちはどう生きるか 吉野源三郎

    君たちはどう生きるか


    未読であった、「君たちはどう生きるか」をリバイバルされた漫画で読みました。

    1937年に出版されて以来、
    数多くの人に読み継がれてきた、
    吉野源三郎さんの名作「君たちはどう生きるか」。
    人間としてどう生きればいいのか、
    楽しく読んでいるうちに
    自然と考えるように書かれた本書は、
    子供はもちろん
    多くの大人たちにも
    共感をもって迎えられてきました。
    勇気、いじめ、貧困、格差、教養、、、
    昔も今も変わらない人生のテーマに
    真摯に向き合う
    主人公のコペル君と叔父さん。
    二人の姿勢には、生き方の指針となる言葉が
    数多く示されています。
    そんな時代を超えた名著が、
    原作の良さをそのままに、
    マンガの形で、今に蘇りました。
    初めて読む人はもちろん、
    何度か読んだことのある人も、
    一度手にとって、
    人生を見つめ直すきっかけに
    してほしい一冊です。


    主人公のコペル君と叔父さんを軸に展開される、物語です。
    時代背景は、いまから80年くらい前ですので、戦前と考えられます。

    物語は漫画で読めますが、各章の最後にオジサンからコペル君に宛てた手紙が書かれます。
    この手紙のなかに、「どう生きるか」が凝縮されています。

    いまも昔も、子供時代のテーマは同じです。
    「貧困」と「いじめ」

    主人公のコペル君は、裕福な家に生まれて、勉強もできる子供ですが、同級生の浦川くんがいじめられていることが気になり、友達になります。
    しかし、力不足のために浦川くんを助けることができないことに葛藤を覚えます。

    そんなコペル君に、オジサンが手紙を書くことでアドバイスを与える展開で物語は進んでいきます。



    本書は、小学生にはちょっと難しすぎるかもしれません。
    中学生くらいの男の子に読んでもらいたい本です。

  • 2017/10/09(月)
  • 貸株という制度のついて

    いや、ホント知りませんでした(笑)
    貸株という制度。

    カデブさんの、Tweetではっと気が付かされて、この制度のことを知りました。




    調べてみると、楽天証券での貸株は非常に使いやすくて、
    それでいてリスクがなくて、ちょっとのリターンはありそうでしたので、始めてみることにしました。

    以下、楽天証券のサイトより。

    貸株のサービス

    貸株のタイプ1 (2

    貸株のタイプ1 (1


    貸株の仕組み

    わたしは、長期保有投資家を自負しておりますので、この制度を利用しない手はありません。

    さっそく、楽天証券のサイトにログインして、貸株の制度を開始しました。
    このブログで経過を報告していきます。

  • 2017/10/09(月)
  • LypriCel, リポソームビタミンC を試してみることにした。  2017/09 開始8ヶ月

    2017/1/18から飲用開始した、LypriCel, リポソームビタミンC

    気がつけば、飲用開始から8ヶ月経過していました。

    これまでの経過を振り返ると、

    1/18 開始時

    201701 リプライセル (1)



    1/25 1週経過

    LypriCel,リポソームビタミンC20170125

    ↓ 

    2/8 3週経過

    リポソームビタミンC3週間


    2/15 4週経過

    ypriCel, リポソームビタミンC20150214

    3/27 8週間経過

    リプライセル10週2

    5/15 4ヶ月経過
    20170515_07322


    そして、2017年9月
    飲用開始から8ヶ月経過した時点です。

    リプライセル201709

    シミはほとんどわからなくなってしまいました。
    やはり、「続けること」がたいせつみたいです。

    株式投資でも、筋トレでも、ランニングでも、とにかく「続けること」がたいせつなようです。

  • 2017/10/05(木)
  • ホットランドの優待到着 2017年6月

    2016年12月の記事。

    大量保有を開始した、ホットランドの優待券です。

    2017年6月に権利を取得しました。

    1000株x4名義

    ホットランドの優待をおさらいしておくと、
    築地銀だこで使える優待券がもらえます。


    全国のホットランドグループの各店舗(含む築地銀だこ)で利用できる優待券
    100株以上 半年ごとに1,500円分(年間3,000円)
    500株以上 半年ごとに7,500円分(年間15,000円)
    1,000株以上 半年ごとに15,000円分(年間30,000円)


    1000株を4名義ですので、5000円分の優待券が4冊(60000円分)届きました。

    ホットランド201706

    ホットランドの優待は、オークションでも人気です。

    今回もオークションにて売却します。

  • 2017/10/05(木)
  • 東建コーポレーションの優待到着 2017年4月

    2017年4月に取得した、東建コーポレーションの優待が到着です。

    ハートマークショップで、3000円のお買い物ができる優待券がもらえます。



    この優待は、洗剤をいただくために保有しています。
    今回も2名義分届きました。

    アタック201704東建コーポレーション

    洗剤をもらえる優待のまとめに書いたように、生活必需品がもらえる優待は重宝します。

    これからも長く保有していていきます。

  • 2017/10/02(月)
  • マクドナルドの優待到着 2017年6月

    半年前の記事。

    恒例のマクドナルド優待券到着です。

    500株x4名義を長期保有しています。

    1名義につき、優待の冊子が5冊届きました。

    4名義もっていますので、この冊子が4セット届いています。

    マクドナルド201706


    この銘柄は長期に保有することを決めておりますので、半年に一度の優待券を楽しみに、保有を続けていきます。

    優待券だけで、年利2.5%くらいの投資になります。
    みなさんもいかがですか。

    今回もオークション行きです。

  • 2017/10/01(日)
  • 9月のサマリ 2017年

    2017年9月、終わりました。

    株式市場は軟調ですね。

    TOPIXは、
    8月末 → 9月末で、

    1617.41 → 1674.75
    +3.5%の増加でした。

    この間に、わたしのポートフォリオは、
    +8.0%と、大きく指数に勝つことができました。

    これで、5月6月7月8月9月と、連続で大きく資産を増やすことができたことになります。

    資産増加に大きく貢献したのが、3547串カツ田中です。
    この数ヶ月で、まさかのダブルバガーを達成しました。

    大きく資産形成に貢献してくれました。


    ランは、月間で205キロでした。
    なんとか200キロオーバーできましたが、この距離ではシーズンインしたら、体力がついていかなくなりそうです。
    もっと距離を伸ばさないと!!



    体重は、すごく増えました!!
    9月の平均は、63.2kg でした。

    Screenshot_2017-10-01-21-




    ほんと、よく増えました。
    9月からはお酒の量を減らして、節制していきます。
    冬のマラソンシーズンに向けて、体重を減らしていきます。

  • 2017/09/29(金)
  • すかいらーくの優待到着 2017年6月の一般信用取引 黄金の羽根

    2017年6月末に一般信用取引のクロス取引で取得したすかいらーくの優待券が届きました。


    66枚いただきました。

    すかいらーく20170666枚

    ノーリスク。
    手数料と貸株料のコストのみ支払ってゲットした優待券です。

    自分で使用することはありませんので、オークションで売ります。

    ここにも、「黄金の羽根」が落ちていました。
    ほんの少しの知識と、
    ほんの少しの資金と、
    ほんの少しの勇気と、
    ほんの少しの行動力があれば、いたるところに落ちてい黄金の羽根のを拾うことができます。
    橘玲氏が教えてくれた、大事な知識です。

    Top|Next »

    HOME

    ss

    管理人: ss
    住所:広島県
    年齢:30歳代
    投資:buy & hold 株主優待
    趣味:サッカー(サンフレッチェ広島)、お笑い、映画、読書、マラソン
    職業:内科医

    Twitter:
    https://twitter.com/kabushi_ss

    Mail to:
    kabushiki_ss@yahoo.co.jp

    株ブログ 株主優待へ
    病気ブログ 医者・医師へ

    月別アーカイブ