カブシキ!

  • 2014/07/29(火)
  • バカが多いのには理由がある 橘玲

    バカが多いのには理由がある

    橘玲氏の新刊です。
    といっても、週刊プレイボーイに連載している「そーだったのか!?真実のニッポン」をまとめたもので、その連載は毎週読んでいるので、既読の内容でした。

    毎回1200文字程度の連載を、順番を並べ替えて、さらに前後にPrologueとEpilogueを加えています。
    すると、不思議と連載たちに一貫性が生まれて、きちっと一冊の本として筋が通ってしまいます。さすが橘玲氏です。
    既読の内容でも、楽しく読めました。

    Prologueからつづく文章は60ページくらいあり、読み応えのある内容です。主に政治についての内容ですが、そのなかからとくに面白かった、「狂信はどのように生まれるのか」という部分について記しておきます。

    ひとりの若者に登場してもらいましょう。
    地方都市の公務員の家に生まれ地元の高校に進んだ彼は、才能はあるものの学校に馴染めず退学してしまいます。そのとき父親が急逝したため、彼は保険金の一部を相続して上京し、大検での大学入学を目指しますが志望校にはひとつも合格できませんでした。自分では有名大学のどれかには入れると思っていたので、彼は強い挫折を味わいます。
    それから2年ほどは予備校に籍をおきながら秋葉原のAKB48劇場に通い詰める気ままな生活をしていましたが、まじめに勉強することはなく蓄えも底をつき、ドロップアウトしてフリーター生活を始めます。最初は派遣で働き、居酒屋の店員になり、家賃が払えなくなってネットカフェに寝泊まりしながら日雇い仕事も体験します。
    この頃から、彼の様子が変わっていきます。
    最初はブラック企業を糾弾する市民運動に顔を出しますが、ネオリベ批判には共鳴できたものの、従軍慰安婦問題をめぐって口論になり追い出されます。彼はずっと、韓国が歴史問題で一方的に日本を批判することに腹を立てていましたが、市民運動の活動家たちは、「日本が朝鮮半島を植民地にしたから悪いのだ」というのです。
    中学校のときに「きむ」という名の生徒がクラスにいたので、彼も在日朝鮮・韓国人の存在は知っていました。「きむ」は無口でいつもいじめられていたので、彼はかわいそうに思っていました。そんなある日、彼は新宿のハローワークに行こうとしてハングル文字の看板がずらりと並んだ一角に迷い込みます。それまで彼は、日本の中にこんな街があることを知らなかったので驚愕しました。まるで日本が外国人に乗っ取られたかのようです。
    それから彼はインターネットを検索して情報を集め、在日朝鮮・韓国人がさまざまな特権を享受していることを知ります。これに危機感を覚えた彼はネットの掲示板などに大量の投稿を繰り返すようになり、いつしかその世界ではカリスマと呼ばれるようになっていきました・・・。
    在特会の活動に参加する若者のありきたり話だと思うでしょうが、実はこれはある有名な人物の自伝を翻案したものです。時代は1890年台、場所はオーストリアの首都ウィーンでした。自伝のタイトルは「わが闘争」、書いたのはアドルフ・ヒトラーです。



    この文章が秀逸なのは、狂信が生まれた背景を現代の日本に焼き直してとてもわかり易く示してくれることです。
    いつの時代にも狂信は生まれる可能性を秘めており、民族問題は根本的には解決不可能であることを教えてくれます。我々が朝鮮・韓国人を嫌ってしまうのも、本能でありDNAに刻まれた「自分の民族を愛し、それ以外を嫌う」習性にほかならないのです。
    その本質は、ユダヤ人を糾弾したヒトラーの心理と何ら変わらないのです。

    この文章のあとに、週刊プレイボーイの連載が並んでいます。日本人の特性をうまく表現して、それらの問題が根本的にはDNAに刻まれた本能であることを、氏は教えてくれます。

    前作よりもパワーアップして、面白い文章になっています。



    1狂信はどのように生まれるのか (2)
    2狂信はどのように生まれるのか (3)
    3狂信はどのように生まれるのか (1)

  • 2014/06/11(水)
  • タックスヘイヴン 橘玲

    タックスヘイブン橘玲


    永遠の旅行者

    マネーロンダリング

    2010年に上記2つの長編小説を読み、橘玲氏は長編小説も面白いなあという感想を書きました。

    それから4年の時を経て、氏がリリースした、タックスヘイヴン。
    面白くないはずはありません。

    シンガポールでもっとも成功した日本人金融コンサルタント北川がホテルから墜落死した。死んだ北川の妻・紫帆は現地に、高校の同級生・牧島とシンガポールへ赴く。紫帆はそこで北川の現地妻と息子の存在を知る。北川は1000億円を扱うファンドマネージャーだったが、政治家や会社社長など、数々の顧客のプライベートバンクの口座に10億円、50億円規模で穴を開けていた。背後に見え隠れする、日本の首領が仕組んだブラジルへの原子力発電施設輸出計画とそれを見込んだファンドとその失敗。紫帆と大物政治家の過去。大物フィクサーの影と蠢く謎の仕手グループ。そして起こった大物政治家秘書の暗殺。北川の死は自殺か、それとも殺人か? 口座から消えた巨額の資金は、どこへ送られたのか!?

    物語は、日本、シンガポールなどを舞台に、高校時代の同級生でである紫帆と牧島を中心に回っていきます。
    そして、この小説で一番かっこいい存在が、紫帆と牧島の同級生である古波蔵佑(こはぐらたすく)です。
    金融ゴロみたいな仕事をしていますが、ブランド物の服を着こなし、ティアードロップのサングラスをかけています。

    小説のはじめに登場する古波蔵の外見が、どうしても本田圭佑に思えてしまい、以降この小説の古波蔵はわたしの中では本田圭佑の外見をしていました。

    アジアを舞台に、ヒーローとヒロインが活躍するところは、マネーロンダリングと共通するところがあります。
    そして、永遠の旅行者の眞鍋恭一のことを指しているのであろう記述も出てきて、とても嬉しくなりました。

    5月の連休中に一気に読みました。
    展開が早く、途中でラストが予想できましたが、、、最後の黒幕の告白は衝撃でした。北朝鮮の闇の部分を教えてもらいました。そして、黒幕は今後も黒幕で在り続けられるくらい巨大になってしまっている現実も、驚嘆するものでした。

    氏の小説は、フィクションでありながらアジア金融の現状をわかりやすく教えてくれます。
    小説を読みながら、アジアの現状を知ることができました。タックスヘイヴンというタイトルとはいささか離れた内容ですが、とても面白い小説です。

  • 2014/04/28(月)
  • 2014年4月27日に注文、4月28日到着 タックスヘイヴン 橘玲

    Amazonで平成26年4月27日日曜日の朝に注文したら、
    平成26年4月28日月曜日の朝に届きました。
    普通便なのに、、

    早い。Amazon

    平成26年4月28日タックスヘイブン

    橘玲の新作、タックスヘイヴンです。

    永遠の旅行者マネーロンダリングにつづく、長編小説です。
    とても楽しみです。

    GWの読書にします。

  • 2013/06/08(土)
  • 臆病者のための裁判入門 橘玲

    臆病者のための裁判入門

    橘玲氏の著作です。

    いつもの、経済をテーマにした著作とは全く異なるテーマを扱っています。

    テーマは「裁判」

    著者はひょんなことから知人の外国人男性の保険金受け取りをめぐるトラブルの解決を手助けすることになりました。
    非は完全に保険会社にあることがわかり、すぐに解決するかに見えましたが、事態は思わぬ方向に進展し、ついに「少額訴訟制度」を利用して、裁判に訴えることに。
    「少額訴訟制度」とは、請求額が60万円以下なら、簡易裁判所で審理から判決までを原則1日で行ってくれる制度です。市民が身近な紛争を裁判で安価で簡便に解決できるように1998年に作られました。
    日本を「法の支配」が行き届いた「法化社会」にしよう、という思いが、この「少額訴訟制度」には込められています。
    しかし、著者と知人の外国人男性は、摩訶不思議なニッポンの裁判制度の闇に迷い込んでしまいます。どこに行っても、悪い人には会わず、善意の人ばかりなのに、簡易裁判所と地方裁判所をたらいまわしにされ、少額の保険金と賠償が得たいだけなのに、多大な時間と労力を費やすことになってしまいました。一日で終わるはずが、決着を見るまでに何と二年半の歳月が流れていました。
    その体験を元に日本のニッポンの「使えない」司法制度の問題点を解明したのがこの新書です。問題の一端は、「少額訴訟制度」で扱える紛争の種類が家賃未納や交通事故の損害賠償など定型的なものに限られていること。
    著者が関わったようなちょっとこみいった訴訟になると簡易裁判所では扱ってくれないのです。
    公正中立な「法化社会」を建設する過渡期にあるニッポンで、素人が少しでもややこしい訴訟を始めるとどんな目に遭うのか?
    その一部始終がわかる貴重なルポであり、身近にはなったけれど、まだまだ使い勝手が悪いニッポンの裁判を使いこなすための画期的な入門書でもあります。(Amazonの紹介文より)



    ほとんどの人は、一生裁判の原告にも被告にもならずに一生を終えます。
    わたしは、軽微な経験ですが、被告になったことがありますし、身内が被告になったことがあります。といっても、刑事事件ではありません。

    本書の前半は、Amazonの紹介文にあるように、橘玲氏が友人の外国人男性の代理人となり、保険会社を相手に少額訴訟を起こしたことが記述されています。
    読み物として、非常に面白いです。スラスラ読めます。


    後半は日本の裁判の問題点がいろいろと書かれています。
    橘玲氏は、出版社に勤務していた経験があり、その時に少なからず裁判で訴えたり、訴えられたりという経験があるそうです。

    以下、面白かったところを箇条書きで。

    少額訴訟
    ・少額訴訟制度は1998年に創設され、60万円以下の事件を扱う。その特徴は、個人の本人訴訟を前提とし、原則として一日で審理を終えて、その場で判決が下される。
    ・大抵が貸金請求や、売買代金請求で、貸したお金を返してもらえないとか、商品を送ったのに支払いがない、というような少額の紛争が行われる。
    これらの傍聴はとても面白いらしい。
    一度は傍聴してみたい。

    民事訴訟と名誉毀損
    ・民事訴訟では、被告は原告が主張したことだけに反論すればいい。原告が事実を立証できなければ、それだけで被告は裁判に勝つことができる。事実認定を争う民事訴訟は、もともと原告が不利、被告が有利な仕組みになっている。
    それに対して、名誉毀損はプライバシーを侵害し社会的評価を貶めるような虚偽の報道をされたという訴えだから、挙証責任は報道したメディア側にある。名誉毀損で訴えられたメディアは、公益に資することを目的として、十分な取材のもとに、真実であると信ずるに足る理由をもって報道したことを証明しなくてはならない。原告はメディアの主張に個別に反論していけばいいだけだから、一般の民事訴訟とは攻守が逆転している。
    (三浦和義が拘置所にいながら、本人訴訟でメディアを相手に名誉毀損の訴えを起こし、連戦連勝できた理由。)

    判決はケツ拭く紙ほどにも役に立たない
    判決で負けても賠償金を払おうとしない被告。そうようなときのために強制執行の制度があるが、日本ではこれが機能していない。
    債務名義とは、強制執行の対象となる債権の存在および範囲を公的に証明する文書で、財産の名義人が債務名義と同一の場合は、執行官はその財産を差し押さえることができる。だがこのことは、逆に言えば、財産の名義を変えてしまえば強制執行はできないということだ。
    これを利用して、被告は裁判に負けそうになると、銀行預金などの妻や子供の名義に変えてしまう。たったこれだけで、もはや裁判に勝った債権者は被告の財産を強制執行できなくなる。
    自分の財産を子供に譲れば、ふつうは贈与税が発生する。だが日本の税務署は実態基準で納税義務を判断するので、たとえ銀行預金が子供の名義になっていても、その口座を実質的に親が支配していると判断すれば贈与とはみなさない。
    裁判所は子供名義の預金が被告の財産だという客観的な証拠がなければ強制執行を認めない。ところが日本では、裁判所の判決があっても国税庁に税務情報を照会することはできず、公権力以外には銀行の取引内容を調査することもできないのだから、被告はなんの苦労もなく強制執行を逃れることができる。


    2ちゃんねるの創始者西村博之
    西村博之氏は、未払いの賠償金や、裁判所の仮処分に従わないことに対する制裁金は少なくとも5億円以上に上るとされている。
    「支払わなければ死刑になるのなら支払うが、支払わなくてもどうということはないので支払わない。」と述べている。
    民事訴訟で負けて賠償金を支払うなんてバカバカしいだけなのだ。


    以上のような面白い話がたくさん書いてあります。
    また、われわれが加入している自動車保険などには、ほとんどに弁護士費用特約が付いています。弁護士を雇わなくてはいけないような紛争に巻き込まれても、自動車保険で弁護士費用が賄えることがあるのです。
    知らなかったでしょ?
    このことは、特約はつけたけど、それを利用させない保険会社の責任であり、今後広く社会に広報すべき内容だと思います。

    いつも単純明快な文章を書いてくれる橘玲氏。
    裁判でも明快な文章を書いてくれました。

  • 2013/04/24(水)
  • 日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル 橘玲

    日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル

    橘玲の最新刊です。

    しかし、内容は氏がいままで一貫して言ってきたことをまとめたものです。
    目新しいことは書いてありません。

    わたしのように、氏の著作をすべて読んでいる者にとっては、退屈な本ですが、
    それでも読ませる力はあります。さすが橘玲です。


    読みながら、付箋をつけたところを箇条書きに。


    日本の経済が破綻しても、原理的に起こることは3つしかない。
    1.国債価格の暴落(金利の上昇)
    2.円安
    3.インフレ


    この3つしか起こらないことを前提として、この本は書かれています。


    3.11の東日本大震災のときは、「被災した日本企業が資金確保のために海外資産を売却する」との思惑でヘッジファンドが投機的な円買を仕掛け、一時的な円高が起こりました。このときは先進諸国の協調介入ですぐに円高は修正されましたが、「破滅シナリオ」における金利上昇局面でも同じストーリーで円高の投機が仕掛けられる可能性があります。
    破滅シナリオ=円安というわけではありません。


    戦争や内乱と違って、市場での出来事は継続性がつよいので、デフレからハイパーインフレに至るにはマイルドなインフレと円安による楽観的な時期があり、金利の上昇と企業倒産、自己破産の増加で不安が広がり、ついには国債が暴落したパニックが起こる、というように順を追って状況が悪化していくはずです。



    たった3つの金融商品で、国家破産のリスクをヘッジできる。

    1.国債ベアファンド
    国債ベア


    2.外貨預金

    3.物価連動国債ファンド
    インフレ率に応じて元本が増えていく、便利な金融商品。
    消費者物価指数に応じて元本が増減するように設計されています。

    毎年10%ずつ物価が上昇し、10年後には物価(生活コスト)が2倍(10年間の物価上昇率が100%)になるとしましょう。
    このとき利率5%の物価連動国債を保有していると、インフレ率に応じて毎年10%ずつ元本が増えていって、それに応じて配当も増え、10年後には元本が倍になって償還されます(配当も倍になります。)。このときは物価も2倍になっているわけですから、元本の実質価値は変わりませんが、インフレのリスクはちゃんとヘッジできるわけです。

    物価連動国債ファンド




    預金封鎖対策としては、格付けの高い海外の銀行に外貨預金をしてもいいのですが、日本の「国家破産」リスクをヘッジするということであれば、もっとも効果的なのはニューヨーク市場に上場された「日本国債ベアETF」でしょう。現在、ティッカー「JGBS(レバレッジ1倍)」と「JGBS(レバレッジ3倍)」の2本があり、ドル建てなので、国債価格の下落で株価が上昇するだけでなく、円安で為替差益が得られます。これを米国の証券会社で購入すれば、資産は米国の法によって保護されますから、預金封鎖のリスクを完璧に遮断することができます。
    米国以外の証券会社を通して購入することもできます。
    とりわけ、日本国債の下落率に3倍のレバレッジをかけた「JGBS」は現時点での究極の日本国破産対策ということになるでしょう。



    最後に、この本には「オプション」についての説明もあります。
    オプションは人類が開発した究極の投資とも言われます。
    このオプションについては、この本で勉強したのですが、見返してみるともう5年も前なんですね。。
    あれから5年経って、わたしはオプションの取引をやっていません。
    オプションって結構難しいんです。


    プット・オプション買いの使い方



    この本は、橘玲氏が一貫して述べてきたことの集大成とも言えます。
    この本に書いてあることを実践できるひとはかなり限られた人たちだと思います。
    しかし、行動力のあるものだけが、国家破産の一大事が起きた時に生き延びることができるのだと思います。


    続きを読む。
    に、あとがきを転写しておきます。

    »[日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル 橘玲]の続きを読む

  • 2012/12/28(金)
  • たったひとつ正しい主張ではなく、たくさんの風変わりな意見を

    先日ご紹介した橘玲氏の「不愉快なことには理由がある」の中に、
    たったひとつ正しい主張ではなく、たくさんの風変わりな意見を という文章があり、それがとても印象にのこったのでここに記しておく。


    ジェームス・スロウィッキーというひとが書いた本に、「みんなの意見は案外正しい」という本がある。
    要約すると、たったひとりの専門家の意見よりも、素人の集合知のほうが正しいという意見です。

    いま、あなたの目の前に、中肉中背の成人男性がいるとしましょう。
    このひとの体重は何キロか?という問に正確に答えられますか。 あなた一人では正確な答えは出せません。しかし、ここに100人の人が居て、それぞれがあてずっぽうで答えを寄せ集めます。
    あるひとは、40キロ!と答えるかもしれません。あるひとは60キロと予想しました。なかには、100キロ!と突飛な意見をいう人がいるかもしれません。
    いろいろな意見はあってしかるべきなのです。
    おどろくべきことに、この集団の答えの平均値はこの成人男性の正確な体重にとても近似しているのです。この成人男性の体重は63.5キロでした。

    集団の答えの平均値は63.4キロでした。

    世の中には、風変わりな意見をいう人が居ます。風変わりなひとはたいていは少数派ですが、それらの意見は実はとても貴重な意見なのです。
    成人男性の体重を100キロと見積もるひとも、40キロと見積もるひとも、とても大切な意見なのです。

    われわれの生きる世界には、様々な意見が必要です。
    たったひとりの正しい意見を求めるのではなく、集合知の正しさを認識しながら、少数の意見を尊重していかねばなりません。

    橘玲氏の拝啓イギリス
    橘玲氏の背中

  • 2012/12/10(月)
  • 不愉快なことには理由がある 橘玲

    橘玲氏の新刊です。


    不愉快なことには理由が

    週刊プレイボーイに毎週のっている連載をまとめた本です。
    しかし、ひとつのテーマに沿って書かれているので、主張に一貫性があります。
     
    この本は、現在の問題(不愉快なこと)について、その理由を「進化論」に求めます。
    我々はDNAの乗り物で、DNAが生き残るのに最適化されて生きています。強い個体が生き残るでなく、賢い個体が生き残るのではなく、「生き残ったものが生き残る」という説明の仕方です。

    例えば、子供を愛することができない個体が突然現れても、このプログラムをもった個体はうまく子供を育てることができないので、その遺伝子(プログラム)は次世代に受け継がれることなく、途絶えてしまいます。
    だから、我々は子供を愛するようになります。

    この遺伝子(プログラム)は何億年も前から引き継がれてきた遺伝子に搭載されているわけですから、突然現代に生まれた僕帯に理解できるはずがありません。

    地球の誕生を1月1日とすると、生命が誕生したのが4月8日、それから11月1日までは単細胞生物しかおらず、最初の魚類が出現したのが11月26日の午後。恐竜の時代は12月9日から26日あたりまでで、最初の猿が出現したのが、12月25日、人類の祖先が現れたのが12月31日の午後8時10分です。エジプトやメソポタミアに最初の文明が誕生してからは、わずか30秒しか経っていません。

    最後の30秒だけで、一年を語ることは不可能です。

    我々が進化論を語るときは、生命の誕生にさかのぼって考えなくてはなりません。我々はどのようなことを考えて、環境に適応してきたのか。


    この本は「進化論」の観点から我々の不愉快なことを説明しようとします。
    面白い本です。

  • 2012/10/09(火)
  • 橘玲氏が初めて講演を。聞きに行きました。『「日本」というリスクを“管理”するために必要なこと』 その4

    つづき。

    終盤は、未来の話。日本が今後どうなって行くかという内容でした。

    ・未来がどうなって行くかはわからないが、絶対確実なのは人口統計。今後10年間で団塊の世代が70代となり、医療費がかかり、労働人口が減っていくのは変えようがない。
    いまのシステムで、2020年を超えるのは絶対に無理、このときに大きな改革が起きる。

    ・具体的には、①金利の上昇②インフレ③円安 この3つしか起きない。
    財政破綻は、明日突然起こるのではなく、必ず何かの前兆がある。前兆がわかってから対処ても決して遅くない。危ぶむなかれ。
    とりあえず、普通預金をもっていれば、どのようなことがあっても対処できるはず。


    ・財政破綻がわかっているのだから、財政破綻にヘッジをかけておくことが大切。
    とりあえず、普通預金で良いと言ったのは預金封鎖は起こらないと考えているから。預金封鎖は憲法が定めるところの財産権の侵害にあたる。

    ①金利の上昇(国債の下落)に張っておく。JGBSやJGBDなど。金利が上昇したら、もうかるファンド。これはフリーランチかもしれない。(金利は0以下にならないから。)
    ②インフレに張る。 物価連動の国債。物価指数に連動する商品を買っておく。
    ③円安に張る。 外貨預金。手数料が一番少ないのはFX。

    ACWI 世界全体の株価指数に連動するファンドも売っている。コード 1554



    具体的なファンド名を挙げての講演でしたが、もちろん「投資は自己責任で。」ということでした。


    90分の講演のあと、コーヒーブレイクがありました。
    このときに、改めて会場を見渡してみましたが、97%が男でしたね。女性はほんの数人でした。しかもほとんどがオッサン。
    若い人はとても少なかったように思いました。

    20120930橘玲講演2
    コーヒーブレイクの様子。会場はほとんど男。


    橘玲氏が、1980年からどのように考え、どのように行動してきたのかがわかり、本当に有意義な講演でした。
    著作で読むよりも実際に氏の顔を拝見しながら、氏の声で聞く話は、本を読むよりも100倍インパクトがありました。

    講演に参加されていた方々は、言うまでもなく氏の熱烈なファンですから、わたしと同じ感性を持つ人たちです。大人しくて、知的で、理性的な印象を受ける紳士が多かった気がしました。

    今後、氏がどのような活動をしていくのかが楽しみですが、とりあえずは今後のことはなにも考えていないようでした(笑)
    TVや対談の類に出るのはまだ当分先になりそうとことです。


    帰りの品川駅の様子。
    帰りの品川駅

  • 2012/10/08(月)
  • 橘玲氏が初めて講演を。聞きに行きました。『「日本」というリスクを“管理”するために必要なこと』 その3

    つづき。


    つづいて、いつも出てくる。日本株とアメリカ株の指数の推移のグラフがスクリーンに映しだされ、このグラフについて氏は語りました。


    ・昭和30年からはじまった日本の好景気。この高度経済成長の時代に最適化するように現在の制度が作られている。
    ・このときの黄金の法則は、「若いうちに無理をしてでも住宅ローンを組んで、定年まで働き続ける。そうすればお金持ちになれる。」誰もがこの法則を信じて疑わなかったのがバブルの時代。ご存知のように、それはただの幻想だった。バブルの崩壊とともに黄金の法則は吹っ飛んでしまった。

    ・この時代に最適化するように現在の医療保険や、年金制度、会社の年功序列、終身雇用制度は作られている。それらは既に破綻していることがわかっているのだが、制度そのものが誰かの既得権になってしまっているため、改変できない。

    ・1980年から2000年はアメリカはインターネット・バブルに湧いた。株価は右肩上がり。
    そのころに生まれた理論が、「経済は右肩上がり、株は買ったら持ち続けろ。」という理論。(さわかみファンドなどのこの理論を盲信している。)

    ・ 国家は夢を見れないが、個人は夢を見ることができる。
    個人のリスクを国家から切り離す


    ・まったくの余談であるが、今日ここに集まっている人たちは日本の知識層であると自信を持って良い。日本人で月に2-3冊も本を読む人はたったの100万人。
    人口が1億人だとしても、人口の1%
    本を読んで、今日ここに講演を聞きに来ている皆さんは、間違いなく上位1%に入る知識層である。将来について、過度に不安にならなくても良い。

    ・今後はクリエイティブクラスとマックジョブの2極化が顕著になってくる。社会が変わる時が大きなチャンス。

    ・人的資本は一点集中が原則。つまりいま自分がもっている(金を稼ぐことができる)才能に集中せよ。 金融資本は分散投資が原則。
    このことは「残酷な世界で~」に詳しく書かれている。

    ・家計を維持し、家族を守っていくには、①収入を増やす。②支出を減らす。③金融資本を増やす。の3つしか無い。




    中盤1/3はだいたいこんな内容でした。箇条書きで申し訳ありませんが、2010年ころからの著作の内容が大半でした。

    つづく。

  • 2012/10/07(日)
  • 橘玲氏が初めて講演を。聞きに行きました。『「日本」というリスクを“管理”するために必要なこと』 その2

    つづき。


    会場では、撮影と録音が禁止されていましたが、橘玲氏が登場する前の緊張をカメラにおさめておきました。

    会場の様子です。開演前。
    氏の登場を楽しみに待つわたしたち。
    氏は、この演台に立ってお話されました。

    20120930品川グース橘玲講演1


    もちろん、講演中は撮影を行なっておりません。


    さて、我々の前に現れた橘玲氏は、予想していた通りの温厚な紳士の外見をしていました。

    まずは、ご自身の歴史を語ってくれました。これまでの著作を全部読んでいるわたしにとっては、周知の事実でしたが、改めて氏の口から自分の経歴を語られると、感慨深いものがあ

    りました。
    以下、自分でとったメモを文章に起こしてみます。



    ・1980年から1990年くらいまでは宝島社という出版社に努めていた。
    ・1995年 30代半ばにおいて、オウム真理教の取材を行なっている。サティアンという施設で、信者と寝食をともにし、彼らの内面を取材している。この時の体験が人生の転機となり、独立することを考えた。
    ・メディアワークスという会社に転職し、1996年には橋本内閣時の金融ビッグバンを体験する。海外投資というものがやっと庶民に開かれた元年、自ら率先して海外に投資すること実践し、その時の仲間たちとの体験から、「海外投資を楽しむ会」を設立する。
    ・1998年 ゴミ投資家シリーズを刊行し、「海外投資を楽しむ会」が軌道に乗り始める。ゴミ投資家シリーズの巻末に書いたコラム「海外に実際に口座を開いてみた」に大きな反響があり(その当時はネットの掲示板が主流)、海外投資に対する世間の関心の高さを実感する。
    ・「海外投資を楽しむ会」の会員が3000人を突破したとき、独立すること考えた。(2100円の入会金を払ってでも会員になりたいという人が3000人も居たことに感動した。)

    ・2001年 9.11の直後に独立
    香港から日本に帰る飛行機の中で、「国際金融ミステリー」というアイデアを思いつく。
    節税や海外投資の指南本を書いても、ただ脱税を助長しているだけと世間に避難されるだけだ。殺人や犯罪の指南本は無いが、殺人や犯罪のミステリー小説は売れている。だったら、節税や海外投資をテーマとした「国際金融ミステリー」を書いてみてはどうだろうか。
    このアイデアが、「マネーロンダリング」の元となる。
    小説が完成したとき、作者は匿名のほうが良いだろう。しかも男か女かも、日本人か中国人かもわからないような謎めいた名前がよいだろうということで、漢字二文字で、しかも性別がわからないような名前にした。(玲は日本語では「あきら」とよみ、日本では男の名前だが、中国語では玲(リン)と発音し、完全に女の名前)
    氏の著作は中国語でも出版されているが、中国では完全に女だと思われている(笑)

    ・2001年からの10年間は完全に匿名を貫いてきたが、2011年の3.11から少しずつ考えが変わってきた。
    この10年間では、ベストセラーとなった黄金の羽根の拾い方をはじめ、人生設計に関する本をたくさん書いてきた。

    「著作を読んで人生が変わりました」の話や、「有名になっても意味がない」など、雨の降る日曜は幸福について考えように書いてある氏の考え方を貫いてきた10年間だった。

    ・印象に残った言葉、海外の富裕層においては常識的な発想。「プライバシーこそが最も重要な資産」

    ・2011年の3.11は自分の考え方をかえる大きな転機だった。これについては「大震災の後で人生について語るということ」に詳述してある。
    大震災の後に、持ち家を失い、ただ呆然と避難所で過ごす人たちをみて、いままで自分の訴えてきたことはただの絵空事だったと考え始めた。
    匿名で語るよりは、自分のプライバシーを失うというリスクをとって、顔を晒して語ることで、説得力が増すのではないか。



    最初の1/3はこんな内容の話でした。


    つづく。

    « Prev|Top|Next »

    HOME

    ss

    管理人: ss
    住所:広島県
    年齢:30歳代
    投資:buy & hold 株主優待
    趣味:サッカー(サンフレッチェ広島)、お笑い、映画、読書、マラソン
    職業:内科医

    Twitter:
    https://twitter.com/kabushi_ss

    Mail to:
    kabushiki_ss@yahoo.co.jp

    株ブログ 株主優待へ
    病気ブログ 医者・医師へ

    月別アーカイブ