カブシキ!

  • 2011/05/01(日)
  • 楽天銀行×楽天証券口座連携サービス「マネーブリッジ」

    いろいろな証券会社、いろいろな銀行に口座を持っています。

    楽天証券、楽天銀行はどちらもメインで使っている口座です。

    いままで連携サービスがなかった事が不思議なくらいですが、この度連携サービスが登場しました。

    以下、詳細を載せておきます。

    楽天マネーブリッジその1

    楽天マネーブリッジその2

    楽天マネーブリッジその3


    自分にとってメリットがあるのは、

    楽天証券→楽天銀行への出金が当日になったこと(らくらく出金)。

    楽天証券の画面で楽天銀行の残高が表示されること。


    以上2点でしょうか。

    とりあえず申し込んでおきました。

  • 2011/02/26(土)
  • 岩井証券の一般信用 貸株料 信用管理費 自分用。

    自分用。

    一般信用は岩井証券のみを利用しているのです。

    最近は大和と松井がかなりの数の銘柄を一般信用に投入してきており、
    岩井証券は出遅れている感がありますが、、、
    新たに証券口座を開設すると、自分の管理できる範囲を超えてしまいそうなので、大和と松井には口座を持たずに過ごしています。

    岩井証券の一般信用にかかる費用を復習しておきます。

    岩井証券の一般信用

    信用管理費。
    いままで無視してきましたが、100株の信用取引で105円は手数料がかかっていることになります。
    気をつけねば。

  • 2010/04/02(金)
  • 【自分用】証券口座間の資金移動。

    以前にも書いたことがあるのですが、自分用覚書です。

    当時にくらべると、マネックス証券の口座を開いたり、イーバンク銀行の口座を開いたりと、変化がありましたので更新しておきます。

    手金の話2010

    イーバンク銀行はすべての証券会社のリアルタイム入金に対応しています。これは非常に使い勝手が良さそうです。
    そして、ゆうちょも相変わらず使い勝手の良い銀行です。

    出金口座にゆうちょが対応してくれているので、非常に助かります。
    だいたいの口座間資金移動は、ゆうちょへの出金、ゆうちょからのRT入金でなんとかなりそうです。

  • 2007/11/11(日)
  • イーバンク銀行の改悪


    12月1日よりイーバンク銀行の入出金にかかる手数料が改悪されるようです。
    いままでは、

    入金
    セブン銀行、ゆうちょ銀行ともに何回でも手数料0円。
    出金
    セブン銀行は手数料0円
    ゆうちょ銀行は、前々月の残高が5万円未満のときは1回200円。

    でした。
    なので、僕はいつもセブン銀行を利用して出入金を行っていました。

    しかし、12月1日からは

    入出金合わせて、月に1回のみ手数料0円、以降は1回210円の手数料。

    となるようです。
    これは痛いですね。
    はっきり言って、イーバンク銀行を利用するメリットは無くなったことになります。

    セブン銀行に鞍替えしようかなあ。

  • 2007/03/04(日)
  • 丸三証券が「即時入金サービス」を開始しました。

    丸三証券が「即時入金サービス」を開始しました。

    いままではどうだったのかというと、
    丸三証券の口座に入金するには、指定された金融機関(UFJ銀行やみずほ銀行etc..)の口座に入金したい金額を振り込むというものでした。
    この制度の一番の欠点は、①「振り込んでから金額がトレードに反映されるまでに2日くらいのタイムラグがある」ことでした。
    もう一つは②「振込みの手数料は自己負担」ということでした。

    僕は新生銀行を利用して振込みの料金はゼロに抑えていましたから、②の問題はクリアできていたのですが、①の問題にはストレスを感じていました。実際に振込みをして、「自分の手元を離れた」お金がトレードに反映されるまでの約2日の間に「本当にキチンと振り込まれているのだろうか。。」と不安に思うことが度々ありました。

    「即時入金サービス」が始まったことで①の問題も解決されました。




    2月15日から始まったこのサービスを早速利用してみました。
    僕はイーバンク銀行に口座をもっているので、「イーバンクデビットサービス」を利用して入金してみました。
    イーバンクに新たな契約をすることもなく、操作も簡単で、ストレスなく振り込むことができました。
    手数料も無料でした。

    業界最低水準の手数料と、「一日の約定代金が20万円以下は手数料無料」、これらに「即時入金サービス」が加わった丸三証券、とても使い易い証券会社だと思います。オススメです。

  • 2006/11/23(木)
  • 手数料体系について、再確認をしておきます。

    今年初めのほうのエントリで、証券会社の手数料を確認しておきましたが、
    9月に丸三証券が手数料体系を大幅改善し、事態は急転直下に変化しました。

    僕がいま口座を開いているのは、楽天証券と丸三証券です。
    9月までは一日の約定代金に応じて、証券会社を使い分けていました。

    一日の売買代金が
    ~20万円のとき、    丸三証券
    20万円~100万円のとき  楽天証券
    100万円~300万円のとき 丸三証券
    300万円~500万円のとき 丸三証券
    500万円~600万円のとき 丸三証券
    600万円~900万円のとき 丸三証券

    というふうにです。

    しかし、いまは状況が変わっています。
    もう一度確認しておきます。

    まずは楽天証券


    (*1には口座開設から2ヶ月間は一日の売買代金が20万円以下の場合手数料無料と書かれています。)


    それから丸三証券



    そして、「一日の売買代金が20万円以下の場合は注文回数にかかわらず、手数料無料」は生きています!これが大きい

    2006年11月現在、楽天証券と丸三証券を比較すると、一日の約定代金がいくらであっても丸三証券で取引するほうが手数料が安くなります。
    ということで、これからしばらくは丸三証券のみ使っていくことになりそうです。

    では、楽天証券をいまだに使っているメリットはなにかといいますと、「Market Speed(マケスピ)」が使いやすいってことなのです。
    マケスピを使うには、6300円/3ヶ月の手数料が必要です。しかし、一度でも楽天証券で株の売買をすると、その先3ヶ月はマケスピが無料で使えるのです。そのためだけに僕は最低3ヶ月に一回は楽天証券を通じて株式の売買をしています。

    以上、手数料体系の確認でした。

  • 2006/08/12(土)
  • イーバンク銀行について

    僕はイーバンク銀行に口座を持っています。
    イーバンク銀行の特徴について、まとめておきたいと思います。

    ①口座維持手数料は無料当たり前なのですが、、口座維持に手数料がかかる銀行もあります(口座を開いているだけで毎月お金を持っていかれるってことです。)ので、これは大事なポイントです。

    ②振込み手数料が安い
    イーバンク銀行口座同士なら振込み手数料無料。
    他行への振込みは一律160円!(安い)
    郵便口座への振込みは100円。

    ちなみに新生銀行は月5回までは他行への振込みは無料ですから、僕は専ら新生銀行を利用しています。月に5回以上も振込みを行うことはまずありませんが、6回目以降はイーバンク銀行を利用しようと考えています。

    ③ATM利用手数料は無料
    これにはキャッシュカードを作っていることが条件になります。キャッシュカードは1050円の手数料を払えば作ることができます。但し、キャッシュカードを作る時点で口座に10万円以上の残高があれば、手数料は無料になります。
    僕は一時的に10万円のお金をイーバンク銀行に預けて、キャッシュカードを無料で作ってからお金を全て引き出しました。(セコい!)

    郵便局のATMでの入出金には一回200円の手数料がかかります。これはかなり高いと感じます。郵便局での入出金はしないようにしています。

    セブン銀行のATMでは手数料無料で入出金ができます。利用可能時間は以下の通り(実質24時間利用可能ですよね)。

    ちなみに新生銀行は郵便局ATMでもセブン銀行ATMでも手数料無料で入出金ができます。イーバンク銀行と比較すると、新生銀行の方にアドバンテージがあると考えますので、僕は専ら新生銀行のキャッシュカードを利用しています。銀行が営業している時間になかなか銀行にいけませんので、セブンイレブンで何時でも手数料無料で入出金ができるのは重宝します。

  • 2006/01/25(水)
  • 証券口座の出金手数料

    20060125

    もー、今日は忙しかったー
    疲れました。。

    日経平均の乱高下は一段落したんでしょうか。今日はあまり株価の動きが無かったようです。

    思えば年が明けてすぐのころは今年は日経平均2万円代回復かーなんて真顔で言ってましたが、2万円代なんて夢の話のように思えてきました。


    ときに、
    昨日初めて、丸三証券の口座のお金を新生銀行の口座に転送しようとしたんですよ。ネットで。
    もちろん口座から口座へのお金の移動の手数料なんてかからないと思っていましたし、この数ヶ月というもの手数料なるものを払った記憶がないんです。先月までは丸三証券の2ヶ月間手数料無料で株取引していましたし、証券口座への入金も郵便局ぱるると新生銀行の口座を組み合わせて一切の手数料を払わずに現金の移動をさせていたんです。

    初めて出金という動作をしてみて、びっくりしました。手数料が発生するようです。そんなこと説明書きに一切書いてなかったしー、とかなり腹が立ちました。ま、高々210円の手数料なんですが、、、
    腹が立ったんですが、丸三のHPなどをよく読んでみると、手数料なしで出金できる方法がみつかったので、良しとしています。

    ものすごくケチな話ですが、僕はとても大事なことだと思っています。

  • 2006/01/02(月)
  • 売買手数料について。確認をしておきます。

    株式の売買手数料についての確認をしておきたいと思います。

    僕は現在楽天証券と、丸三証券に口座をもっています。
    楽天証券の手数料体系は、

    楽天手数料
    ※1 手数料無料の対象外銘柄があります。
    口座開設から3カ月経過後は、約定代金合計が 20万円以下の場合でも、525円の手数料がかかります。
    ※2 以降、300万円までごとに3,150円追加。

    (ちなみに、平成17年12月から実施の予定だった新手数料体系は
    楽天新
    この手数料体系の実施時期を楽天はどんどん先延ばしにしています。
    業界最低水準の手数料を目当てに口座を開設した人は憤慨していることでしょう。
    1月2日現在、新手数料がいつから実施されるかは未定です。)


    そして、
    丸三証券の手数料体系は

    丸三手数料
    注目すべきは
    「一日の売買代金が20万円以下の場合は注文回数にかかわらず、手数料無料」
    です。これは大きい。

    以上より
    一日の売買代金が

    ~20万円のとき、    丸三証券
    20万円~100万円のとき  楽天証券
    100万円~300万円のとき 丸三証券
    300万円~500万円のとき 丸三証券
    500万円~600万円のとき 丸三証券
    600万円~900万円のとき 丸三証券

    で売買するのが手数料を一番安く抑えられるということになります。
    (現実的に100万円以上の取引をすることは滅多に無いので20万円以下は丸三、20万円以上なら楽天ということになるでしょう)


    ちなみに楽天の新手数料体系が施行されたあとは、

    ~20万円のとき 丸三証券
    20万円~のとき 楽天証券
    という風になります。

    手数料(テラ銭)を安く抑えるのは、ギャンブルの基本。
    今年もがんばります。

  • 2005/10/29(土)
  • 丸三証券について考察する

    今月、丸三証券へ口座を開設しました。
    今使っている楽天証券の口座で十分なのですが、
    丸三証券は
    1、新規に口座開設されたお客様は、2ヶ月間株式手数料が無料 。
    のキャンペーンを行っており、現在僕は手数料無料で株式取引ができているのです。

    2.約定代金が20万円以下は手数料が無料。を制定しており、一日の約定代金の合計額が20万円以下であれば手数料無料なのです。
    1の手数料無料期間が終わっても、20万円以下の取引なら手数料無料で行えます。

    以上の理由により、丸三に口座を開設しました。

    オリックス証券も「新規に口座開設されたお客様は、1ヶ月間株式手数料が無料」を行っているようなので、
    丸三証券の無料期間が終了したらオリックスも検討してみようと思います。

    株式投資に手数料をいかに少なく抑えるかは非常に重要なことであると僕は考えています。
    株式投資における手数料は、ギャンブルにおける「テラ銭」にあたる物だと思います。プロのギャンブラーはこの「テラ銭」を非常に気にします。「テラ銭」を低く抑えられないギャンブラーは決して生き残れません。

    このことについては後日、論を展開してみようと思います。

    « Prev|Top|Next »

    HOME

    ss

    管理人: ss
    住所:広島県
    年齢:30歳代
    投資:buy & hold 株主優待
    趣味:サッカー(サンフレッチェ広島)、お笑い、映画、読書、マラソン
    職業:内科医

    Twitter:
    https://twitter.com/kabushi_ss

    Mail to:
    kabushiki_ss@yahoo.co.jp

    株ブログ 株主優待へ
    病気ブログ 医者・医師へ

    月別アーカイブ