カブシキ!

  • 2012/07/18(水)
  • オルテガのチマヨベスト 個人輸入 報告をいただきました。Yさま

    関連記事
    http://kabushiki.blog32.fc2.com/blog-entry-959.html
    http://kabushiki.blog32.fc2.com/blog-entry-963.html
    http://kabushiki.blog32.fc2.com/blog-entry-969.html
    http://kabushiki.blog32.fc2.com/blog-entry-1173.html
    http://kabushiki.blog32.fc2.com/blog-entry-1508.html
    http://kabushiki.blog32.fc2.com/blog-entry-1585.html
    コメント欄も参考にしてください。


    当ブログを見て、自分でオルテガのジャケットを個人輸入したというYさまからご報告をいただきました。

    ジャケットはとても珍しくですね。

    オルテガジャケットYさま

    発色が良いですね。

    ジャケットはサイズ感が難しいとおもいます。大丈夫だったでしょうか。


    このブログをみて、個人輸入をしたという報告は非常に嬉しく思います。
    お役に立てて嬉しいです。ブロガー冥利に尽きます。

  • 2012/04/28(土)
  • ホワイトハウス・コックスのベルト

    先日の名刺入れに関連して。

    ホワイトハウス・コックスのベルトも育てています。

    ベルトは以前にフェリージをご紹介しましたが、
    ホワイトハウス・コックスも育てています。

    ホワイトハウス・コックスベルト


    色は薄い茶色です。
    この茶色が少しずつ黒みを帯びてきます。

    それがホワイトハウス・コックスの経年変化で、この渋さがホワイトハウス・コックスの醍醐味です。


    ホワイトハウス・コックス201204


    ゆっくりと育てています。

  • 2012/04/15(日)
  • ホワイトハウス・コックスの名刺入れ

    名刺入れは使っていますか?

    僕は、ここ数年はホワイトハウス・コックスの名刺入れを愛用しています。

    医師と言えども、ひとりのビジネスマンですから、名刺は欠かせません。
    事あるごとに持ち歩く名刺入れですから、少しこだわったものにしようかなと。

    僕はホワイトハウス・コックスの名刺入れを使っています。

    ホワイトハウス・コックス社は、1860年創業の英国のブランド。
    イギリスの伝統的な希少革、ブライドルレザーを使用した製品を数多く生み出していることで有名である。
    1920年代頃までは、乗馬用の鞍や手綱などの高品質な馬具などを製造してきた。
    その後、ペット用の首輪の製造を始め、スモールレザーグッズやバッグなどがラインナップに加わっていく。
    現在も創業当時の伝統を守り続け、厳選された素材を用い、英国内で生産している。
    長い間の使用に耐えられるク堅牢さとクオリティの高さが、多くのファンを魅了。
    また、堅牢さだけでなく、ホワイトハウスコックスが持つもう一つの魅力に、「エイジング」 がある。
    使うほどに味わいを醸し出し、手放しがたい逸品に育て上げた時、そこに世界で一つの自分だけのホワイトハウスコックスが出現する。




    僕の名刺入れ。

    ホワイトハウス・コックス01


    内部にはホワイトハウス・コックスの刻印。
    ホワイトハウス・コックス02


    エイジングはまだまだですが、これからも末永く使っていきたい秀逸なアイテムです。

    たかが名刺入れ。されど名刺入れ。

    名刺入れでオッと思わせるには打って付けのアイテムですね。

  • 2012/03/11(日)
  • オルテガのチマヨベスト 個人輸入 報告をいただきました。 sadaさま

    以前の記事にコメント、ご質問をいただいたsadaさんから、
    オルテガのベストを無事に手に入れたとのご報告をうけました。


    sadaさんからいただいたオルテガ画像

    送っていただいた画像です。

    黒と赤です。
    いいですねー。
    特に赤のほうの発色がとても良いです。

    最近は円安に向かっていますので、オルテガがほしい方は早めに手に入れたほうが良いかもしれません。
    ベストが欲しいなら手に入れるしかないでしょ。

    じゃあ、いつ手に入れるか。
    「今でしょう。」


    関連記事
    http://kabushiki.blog32.fc2.com/blog-entry-959.html
    http://kabushiki.blog32.fc2.com/blog-entry-963.html
    http://kabushiki.blog32.fc2.com/blog-entry-969.html
    http://kabushiki.blog32.fc2.com/blog-entry-1173.html
    コメント欄も参考にしてください。

  • 2011/11/10(木)
  • オルテガのチマヨベスト 個人輸入 報告をいただきました。tomoさま

    オルテガベストの購入報告がありました。

    ご質問くださったtomoさんから、
    グレーでスクエアフロントのオルテガベストの報告です。

    超円高の恩恵をしっかりと受けられたことでしょう。


    オルテガベストの画像201111

    スクエアフロントはカッコいいですね。いまの季節にとても活躍してくれそうなベストです。
    僕もグレーが欲しくなりました。



    関連記事
    http://kabushiki.blog32.fc2.com/blog-entry-959.html
    http://kabushiki.blog32.fc2.com/blog-entry-963.html
    http://kabushiki.blog32.fc2.com/blog-entry-969.html
    http://kabushiki.blog32.fc2.com/blog-entry-1173.html
    コメント欄も参考にしてください。

  • 2011/05/17(火)
  • Church's CHETWYND 購入。

    Church'sは、靴造りの町として有名なノーザンプトンのメープル ストリート30番地に1873年、小さな工房を開いたのが始まり。現在でも、チャーチはクロムウェルのピューリタン革命時代からの靴造りと密接な関係がある町ノーザンプトンで靴を造り続けている。
     工場はSt.James(セント・ジェームス)地区に位置し、グッドイヤー ウェルト製法の紳士靴を造る単体の工場としておそらくヨーロッパ最大の規模。ここでは、週に5,000足の紳士用グットイヤー・ウェルト・シューズが製造され、そのうちのおよそ70%がイタリア・フランスを初めとするヨーロッパ各国、そしてアメリカ・カナダ・オーストラリア・香港など全世界に輸出されている。


    Church'sの靴を買いました。
    CHETWYNDというウィングチップのモデルです。
    色はタバコ色。

    church201105

    ウィングチップはフォーマルな場所には合いませんが、ジャケパンスタイルには調度良い靴です。

    TrickersのMaltonを持っていますが、こちらはあまりにもカジュアル(というかカントリーブーツ)なので、、、

    という理由で買いました。
    初のchurch'sですが、カーフの皮の匂いが非常によいです。

    しばらく履きこんでみようと思います。

  • 2011/05/07(土)
  • オルテガのチマヨベスト 個人輸入 報告をいただきました。森野さま

    オルテガのベストを個人輸入しましたとの報告をいただきました。

    これで4件目になります。

    kkkさま

    こちら。

    こちら。

    過去に3回報告してきました。


    今回はこのエントリーにコメントくださった森野さまから、ご報告をいただきました。
    画像を送っていただいたので、載せておきます。

    森野さまオルテガ1

    森野さまオルテガ2


    この2着。スクウェアドのベストですね。

    いいですねー。
    特にグレイのほうの柄が非常に良い味です。

    2着で34000円だそうです。しかも関税込み。安いです。
    円高に感謝ですね。

    森野さま、おめでとうございます。

    続々と個人輸入成功の報告をいただいておりますので、今度そのことについて、じっくり述べてみようと思います。
    わたしの好きな経済のことと絡めて。

    こちらの記事に考察しています。

  • 2011/04/03(日)
  • M751IXHl インコテックスのジャージーパンツ

    これまで何度かご紹介したINCOTEX


    こちら。

    こちら。

    王道ブランドから、なんとジャージ素材のパンツが。
    素材は完全にジャージです。

    INCOTEXジャージーパンツ全体。1枚目

    しかし、見た目はあの美しいラインを持つスラックスです。
    素材は適度の伸縮性を持っています。センタークリースも綺麗に効いています。

    INCOTEXのジャージーパンツ再度1枚目

    ベルトループもついており、ビジネスユースもOKですが、
    サイドに「ゴム」がついていて、伸縮性抜群です。

    素材。
    INCOTEXの材質ジャージーパンツ

    秋冬の素材。少し厚めのジャージです。


    (表地)
    ポリエステル 47% コットン 35%
    ウール 16% ポリウレタン 2%
    (ウエスト切り替え部分)
    ポリエステル 60% ポリウレタン 40%


    INCOTEXの素材配合


    サイズは42を選択。
    ウエストがぎりぎりですが、伸縮性のお陰で、きれいに脚にフィットしてくれます。

    春先まで活躍してくれそうなパンツです。

  • 2011/03/27(日)
  • オルテガのチマヨベスト 個人輸入 報告をいただきました。kkkさま

    こちらの記事でいろいろ質問をいただいた、kkkさまよりご希望のベストを手に入れたとのご報告を頂きました。

    手に入れられたベストはこちらです。画像を送っていただきました。


    kkkさまのオルテガベスト

    2種類のベストをorderされたようです。
    ターコイズの発色が非常に良いですね。

    個人輸入は簡単です。
    みなさんも是非。


    関連記事
    http://kabushiki.blog32.fc2.com/blog-entry-959.html
    http://kabushiki.blog32.fc2.com/blog-entry-963.html
    http://kabushiki.blog32.fc2.com/blog-entry-969.html
    http://kabushiki.blog32.fc2.com/blog-entry-1173.html
    コメント欄も参考にしてください。



  • 2011/03/07(月)
  • BARBA買いました。

    Orianを買った記事を以前に書きました。

    欲しかったBARBAを購入。

    バルバ(BARBA)は、1964年、アントニオ・バルバとヴィットリオ・バルバ兄弟がイタリアのナポリで創業。ブランド設立当初は、シャツなどを中心とした小さなアパレル工場だった。ブランドとして成長を遂げるのは、90年代で、長年培ったハンドワーク(手縫いなど)やカッティングなどシャツ作りの技術をもとに、「バルバ」として商品展開を広げた。
    生地が良いことはもちろん、アームホールが細いもの、細身に見せるシルエットのシャツでも非常に動きやすいもので、体によくフィットする。


    少し派手目のシャツ。
    僕らしくは無いですが、、、たまには冒険します。

    バルバ赤初バルバ


    イタリアメイドです。
    体にとてもフィットします。細身の日本人にとっても、ほどよくタイトに着れます。
    生地は最高級のものをつかってあります。
    よくみるとヘリンボーンで、光沢のある生地です。

    良い買い物をしました。

    « Prev|Top|Next »

    HOME

    ss

    管理人: ss
    住所:広島県
    年齢:30歳代
    投資:buy & hold 株主優待
    趣味:サッカー(サンフレッチェ広島)、お笑い、映画、読書、マラソン
    職業:内科医

    Twitter:
    https://twitter.com/kabushi_ss

    Mail to:
    kabushiki_ss@yahoo.co.jp

    株ブログ 株主優待へ
    病気ブログ 医者・医師へ

    月別アーカイブ