カブシキ!

  • 2015/01/05(月)
  • 大納会 → 大発会アノマリー 2015年の結果 大惨敗

    年末の記事。

    今回も参加した大納会 → 大発会アノマリーですが、
    今年は大きく負けました。

    30日の始値で、TOPIXに連動する商品を大量購入します。
    それを1月5日の始値で全て売ります。


    と宣言していましたので、
    1306 TOPIX連動型上場投資信託を大量買していました。

    30日、大納会での始値は、1457円で、
    5日、大発会での始値は、1431円

    なんと、26円も下がりました。
    -1.78%

    大きく賭けていたため、大損失となりました。

    今年は大惨敗。

    この賭けに勝てば、パソコンの買い替えができなあと思っていましたが、とてもパソコンが買えるほどの結果ではありません。パソコンの買い替えはだいぶん先になりそうですorz...

  • 2014/12/30(火)
  • 大納会 → 大発会アノマリー 2015年

    2012年の大納会 → 大発会アノマリー

    2013年の大納会 → 大発会アノマリー

    2014年の大納会 → 大発会アノマリー

    2012年、2013年と勝利をおさめ、2014年に軽く敗北した、大納会大発会アノマリー。

    今年もその時期がやってきました。

    2014年の大納会は12月30日
    2014年の大発会は1月5日です。

    大納会大発会アノマリーはその年の株価の行方を占うと言われていますが、、
    2014年のアノマリーでは、敗北しました。

    2014年はアベノミクス効果が継続し、予想に反して、相場がとても好調な一年でした。
    2015年も良くなってほしいとの願いを込めて、今年もアノマリーに参加します。

    30日の始値で、TOPIXに連動する商品を大量購入します。
    それを1月5日の始値で全て売ります。

  • 2014/10/02(木)
  • コロワイド、「かっぱ寿司」を買収 外食4位

    外食大手のコロワイドは回転ずし店「かっぱ寿司」を運営するカッパ・クリエイトホールディングスを買収する。TOB(株式公開買い付け)や第三者割当増資の引き受けにより、カッパの株式の過半を取得する。コロワイドは焼肉店「牛角」の運営会社の買収などで事業を多角化している。人口減少による国内市場の縮小に備え、顧客層が幅広い回転ずしを傘下に入れて成長を維持する。

    2014/10/02 午前2時に発表されたニュースです。
    コロワイドは500株を長期保有しており、半年に一度、優待ポイントを頂いております。
    そのポイントでお米や肉を頂き、美味しく食べています。

    そのコロワイドが、かっぱ寿司を買収とのことで、とても驚きました。
    わたしは、カッパ・クリエイトも4名義で保有しており、この記事に書いたように、半年に一度優待券を頂き、利益を得ています。
    カッパ・クリエイトは、かっぱ寿司


    コロワイド、カッパ・クリエイトともに保有しており、相乗効果で株価が伸びて欲しいと思っています。
    外食産業って、とても競争が激しいんですね。
    コロワイドはかっぱ寿司を傘下に置くことで、外食産業では4位になるそうです。

    10月中に正式決定後、TOBの手続きに入ります。
    買い付け価格は市場価格に一定額を上乗せし、
    カッパが実施する第三者割当増資も組み合わせて
    カッパ株の51%以上の取得を目指します。
    コロワイドの投資額は300億円規模になるとみられています。
    コロワイドは居酒屋や焼肉店などを全国に約2千店展開し、
    14年3月期の連結売上高は1484億円。年間売上高が900億円を超えるカッパを取り込むことで回転ずしは主力事業になるそうです。


    コロワイド、カッパ・クリエイトともに今後も保有していきます。

  • 2014/01/08(水)
  • 大納会 → 大発会アノマリー 2014年 結果

    年末にお伝えした、大納会大発会アノマリー。

    2014年のアノマリーはどうだったのでしょうか。


    2013年の大納会の始値で、1306TOPIX連動型上場投資信託を買いました。
    2014年の大発会の始値で、1306TOPIX連動型上場投資信託をすべて売りました。

    1325円 → 1323円 と-2円の値動きでした。
    2014年は負けたようです。

    -2円 × 株数 -手数料 が今年最初の支出と成りました。
    ずっと勝っていたアノマリーですが、今回は負けになりました。

    しかし、軽傷で良かったと思います。
    2014年の行く末を占う結果なのでしょうか。だとしたら、今年の相場には暗雲が立ち込めていると思います。

  • 2013/12/29(日)
  • 大納会 → 大発会アノマリー 2014年

    2012年の大納会 → 大発会アノマリー

    2013年の大納会 → 大発会アノマリー

    過去2回とも勝利をおさめている、大納会大発会アノマリー。

    今年もその時期がやってきました。

    2013年の大納会は12月30日
    2014年の大発会は1月6日です。

    2013年は相場がとても好調な一年でした。
    2014年も良くなってほしいとの願いを込めて、今年もアノマリーに参加します。

    30日の終値で、TOPIXに連動する商品を大量購入します。

  • 2013/09/25(水)
  • 今日、ヴィア・ホールディングスを全部売りました。

    ヴィア・ホールディングスを1000株保有していました。

    優待マニアとしては、ヴィア・ホールディングスの太っ腹な優待制度の魅力を体験しておかねばと考え、1000株保有し、優待制度を堪能しておりました。

    ヴィア・ホールディングスの優待制度を確認しておきましょう。

    株主優待券(500円券)
    100株以上 5枚 (2,500円相当)
    200株以上 10枚 (5,000円相当)
    300株以上 15枚 (7,500円相当)
    400株以上 20枚 (10,000円相当)
    500株以上 25枚 (12,500円相当)
    600株以上 30枚 (15,000円相当)
    700株以上 35枚 (17,500円相当)
    800株以上 40枚 (20,000円相当)
    900株以上 45枚 (22,500円相当)
    1,000株以上 50枚 (25,000円相当)


    ヴィア・ホールディングスの展開する、やきとり居酒屋、「備長扇屋」などで使える優待券です。
    ほとんどの優待制度が、持株数が多くなるほど貰える優待券が減っていく制度なのですが、ヴィア・ホールディングスは違います。

    100株ホルダーも1000株ホルダーも、平等に優待券がもらえます。

    1000株保有しているとすると、現在の株価880円に対して、半年に一度25000円分の優待券がいただけます。
    一年で50000円分。
    880000円の投資で、年間50000円の優待券ですから、優待券だけで、年利5.7%です。

    ヴィア・ホールディングス201303

    この年利の良さに惹かれて、僕はヴィア・ホールディングスを1000株保有していました。

    ただ、ヴィア・ホールディングスはずっと配当0を貫いています。
    優待券の利回りは良いのですが、配当がないのです。
    配当が無いことを差し引いても、優待利回り5%オーバーは非常に魅力的でした。

    居酒屋系銘柄で言うと、過去には2762 三光マーケティングフーズへの投資で成功し、現在も三光マーケティングフーズは保有しているという背景があり、ヴィア・ホールディングスは勝てるのではと思っていました。


    半年ごとにいただく優待券は、自分で使用することはせずに(自分の住んでいる地域に備長扇屋は無い)、オークションで売っていました。
    備長扇屋に行ったことが無いのです。

    最近の株価の上昇を背景に、僕のポートフォリオも好調なのですが、ヴィア・ホールディングスだけ株価が伸びない。

    その理由がわからなかったので、備長扇屋の評価を食べログなどでひと通り見てみました。






    ひどいですね。備長扇屋。
    どのレビューをみても、

    ・出てきた焼き鳥が凍っていた。
    ・注文したのに、焼き鳥が届かない。注文が通っていない。
    ・苦情を言ったら、代金をまけてくれると言ったのに、実はまけてくれてなかった。
    ・バイト馬鹿すぎ

    などなど、
    ものすごい苦情の山でした。

    典型的な「安かろう悪かろう」のチェーン店だったようです。
    (自分では店鋪を訪れてないのに、偉そうなことを言って申し訳ありません。)

    僕は常々、伸びる企業というのは、価格は安いけど、サービスはしっかりしている、お客さんを大事にする企業だと考えますので、安ければ良いというような店は長続きしないと思っています。

    今日は9月優待の権利確定日でしたが、

    今日、ヴィア・ホールディングスを全部売りました。

  • 2013/08/19(月)
  • 藤商事に参戦しました。

    先日、有利子負債のない銘柄を調査した結果をお伝えしました。

    その調査中に、懐かしい響きを持った企業名がありました。

    わたしは学生時代は、パチンコとパチスロに没頭し、大当たり確率や機械割などの機種情報を調べあげ、パチ屋のイベントを利用しまくって、荒稼ぎするということをやっていました。
    本当に不真面目な学生だったことを記憶しております。

    青春の大半の時間を捧げたパチンコ。
    そのパチンコ台を作っている会社の名前を思い出したのです。

    6257 藤商事

    古くは、アタック藤丸くんに始まり、

    まさかのCR松居直美を投入した、あの藤商事です。
    CR松居直美

    その藤商事は、細々と新機種を出し続け、現在は有利子負債ゼロで経営を続けています。
    そして、株主への利益還元も忘れず、年間4%もの配当も忘れてはいません。
    四季報を読むまでは、藤商事がこんなに頑張っているとは知りませんでした。

    今日、藤商事に参戦しました。
    若き日にパチンコで稼がせてもらったお金で、いまのわたしがあるのです。
    いまのわたしが働いて稼いだお金を藤商事に投資しました。

    まずは2枚購入しました。
    今後の藤商事の動向によっては、枚数を増やそうと思っています。


    最後に、藤商事はわたしの好きな「福本伸行」のパチスロ台を制作しています。
    天!
    tenたかしパチスロ

    天和通りの快男児をパチスロにするあたり、抜きん出たセンスを感じます。
    久しぶりにホールに足を運んでみようと思っています。

  • 2013/08/14(水)
  • 会社四季報 2013年夏 有利子負債の無い会社名

    四季報を2013年夏

    2013年夏の四季報を買いました。

    今回は、この本に触発され、上場銘柄を全てみてみようと思い立ちました。

    すべての銘柄を見て、なかには「有利子負債ゼロ」で頑張っている会社もあるんだなと気が付きました。
    そこで、今回検討して、有利子負債ゼロの会社をピックアップしてみました。

    他にも有利子負債ゼロの会社はありますが、僕の目に止まった銘柄だけを載せています。

    20130814 有利子負債ゼロ


    中には、有利子負債ゼロ、さらに配当利回りが年利4%もある銘柄もあります。
    有利子負債ゼロで頑張っている会社、株主に利益を還元する心も忘れない会社。

    投資先としては持って来いだと思います。

    この中から幾つか買ってみようと思います。

  • 2013/05/27(月)
  • 2013年5月26日 5月末の権利付き最終日前日

    本日は日経平均株価が大きく下がりました。

    470円くらい下げて、前日比-3.22%です。

    私が保有している銘柄も軒並みその価格を下げました。


    ときに、明日5月28日は5月末優待の権利付き最終日です。
    5月末に権利がとれる銘柄は多くないのですが、そのなかで、

    3160 大光
    2493 イーサポートリンクに注目し、

    後場の寄り付きで1枚ずつ買っておきました。

    20130527大光とイーサポートリンク
    画面はSBI証券。


    さて、明日は5月の権利付き最終日です。
    上記2つの銘柄は5月末の優待銘柄ですので、明日は値が上がることが予想されます。

    明日は寄り付きの成り行き売りを出しています。



    2013/05/28追記

    3160 大光 278円 → 276円
    2493 イーサポートリンク 269000円 → 258000円 

    負けました。
    大光で200円。イーサポートリンクで11000円。
    プラス手数料分

    負けました。
    甘かったようです。

  • 2013/03/20(水)
  • あの頃の相場を振り返ってみる 2005年小泉政権誕生

    2013年3月。相場が好調です。

    この好調がいつまで続くのか。いろいろな予想が飛び交っています。
    夏の参議院選挙までだという声もありますし、いやいやずっと回復し続けるという声もあります。

    わたしの考えは、「相場の流れは誰にもわからない。」ということです。
    誰にもわからないのですから、はなから予想することを諦めています。

    ただ、以前にもこんな相場があったねと、思い出すことはあります。

    2004年から2013年までのTOPIXの動きです。
    2004-2013TOPIX


    2005年に小泉政権が誕生し、郵政民営化などの改革をすすめてきました。
    TOPIXは半年のうちに1200円から1600円へ。30%以上も上昇しています。

    この頃の自分を振り返ってみると、とても浮かれていたように思います。
    このまま株価が上昇し続けて、仕事をしなくても生活できる日がやってくるのではないか。

    株を持っていた友人も大きな利益が出ていて、かなりウハウハな状態であったと思います。
    みんながこの好景気がずっと続くと思っていました。
    この「みんなが思っている」という状態がいわゆるバブルです。



    結末はみなさんご存知の通り、
    2008年のリーマン・ショックにて、バブルは弾けました。
    今思い出すと、当たり前のことなんですが、当時は小泉政権の好景気がずっと続くと思っていました。



    2013年。
    いろいろな憶測が聞かれます。
    さて、この好景気もバブルなのでしょうか。顛末が非常に楽しみです。

    « Prev|Top|Next »

    HOME

    ss

    管理人: ss
    住所:広島県
    年齢:50歳代
    投資:buy & hold 株主優待
    趣味:サッカー(サンフレッチェ広島)、お笑い、映画、読書、マラソン
    職業:内科医

    Twitter:
    https://twitter.com/kabushi_ss

    Mail to:
    kabushiki_ss@yahoo.co.jp

    株ブログ 株主優待へ
    病気ブログ 医者・医師へ

    月別アーカイブ