fc2ブログ

カブシキ!

  • 2009/03/15(日)
  • その2 確定申告とは。

    つづき。

    確定申告、されましたか?

    医師は複数の病院から給料をもらったり、公演でお金をもらったりで、確定申告をする義務があることが多いです。
    研修医のときから漫然と確定申告をしてきて、はや7年。
    僕は気がつきました。
    『節税ができる』

    これは、先日ご紹介した『無税入門』にインスパイアされて、自分の確定申告を見直してみました。
    ある方の確定申告の用紙、メインはこんな感じです。
    とは


    Aの欄がH20年の収入で、この方には給与からの収入しかありません。
    ここから、「給与所得控除」を引いた額がBの欄に記入されます。

    Bの額をほかの「事業所得」や「不動産所得」と合算して、Cの欄に記入します。
    ☆ここがポイントで、「給与所得」と「事業所得」や「不動産所得」は合算できるのです。これを「損益通算」といいます。

    Cの欄からさまざまな控除(合計がD)を引いた額が、右上のC-Dの欄に来ます。

    で、このC-Dの額に税率をかけたものが、納めるべき所得税になります。

    すでにお給料から引かれている額が、Eに記入してあります(源泉徴収額)ので、
    たくさん納めていた人には、税金が返ってきます(還付)し、
    足りなかった人は、足りない分を納めないといけません。


    確定申告とは、この足し算引き算掛け算の計算です。

    一見、自分では数字を動かすことができないと思われますが、『無税入門』に書かれた方法を用いると、節税ができる気がします。

    つづく。
    スポンサーサイト



    « その3 確定申告を理解したうえで。|Top|鳥大医学部付属病院 4月以降救急専属医不在に つづき。 »

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kabushiki.blog32.fc2.com/tb.php/794-0d752879

    Top

    HOME

    名無し

    管理人: 名無し
    住所:
    年齢:30歳代
    投資:株主優待
    趣味:

    株ブログ 株主優待へ
    病気ブログ 医者・医師へ

    月別アーカイブ