fc2ブログ

カブシキ!

  • 2009/02/18(水)
  • 鳥大医学部付属病院 4月以降救急専属医不在に

    I先生のところからコピーしてきた記事です。
    鳥取県では、4月から三次救急を診ることができなくなるようです。。。


    中海圏域を中心に山陰両県の救命救急医療を支える鳥取大学医学部付属病院(米子市西町)救急災害科の八木啓一教授(54)ら救急専属医四人が三月末で全員退職し、四月以降、同院の救急専属医が不在となる期間が生じる可能性もあることが三日、山陰中央新報社の取材で分かった。
    八木教授は「医師流出と負担増の悪循環で体力、気力ともに限界。救急医療の窮状を認識してほしいの思いもあり、昨年末、辞表提出に踏み切った」としている。同科の救急専属医は、八木教授と四十代の准教授、卒後五、六年目の二人の若手医師の四人。三人が救急専門医の資格を持つ。

    八木教授は二〇〇四年十月に救命救急センターが開設されて以降、同センター長も務める。
    同センターは、交通事故による多発外傷や心停止など最重症の三次救急患者を年間約九百人受け入れている。同科は、医学生への教育と卒業後の臨床研修において必須のコアカリキュラムとされる救急医学の教育を担当。さらに学外でも、県消防学校での教育や県内各地での救命講習などの役割を担う。

    後任教授の確保について豊島良太病院長は「四月一日にすぐ着任できる方向で検討している。規則的には可能」と話す。
    同病院長によると今回は通常の公募でなく、病院側が一人または複数の
    候補者を指名し、受諾した候補者を学内の選考委員会で審査する異例のノミネート方式で選ぶ予定。
    教授以外の救急専属医は公募するが、確保のめどはたっていない状況で「万一、救急専属医不在が生じれば、救命救急センターでの応援経験がある他科の医師で対応することになる」という。

    島根大学医学部付属病院(出雲市塩冶町)でも〇八年七月、救急部の坂野勉教授(57)が辞表を提出しており、三月末で退職する。後任は未定だが、既に後任教授の公募は終了しており「教授不在期間は長くても一カ月程度だと思う」(同教授)。同院では四月以降も、准教授と講師ら三人の救急専属医は残る。


    これは大事件ですよ。ホントは。
    マスコミはこういう記事を大きく報道するべきだと思います。
    鳥取大学医学部付属病院以外に、鳥取県内に三次救急を診れる病院は少ないでしょう。年間900件診ていた大学病院が、三次救急を診れなくなるとすると、周囲の病院はそれをカバーするために、一日2~3件の三次救急を新たに診ることになります。間違いなく周囲の病院も早急にパンクし、鳥取の救急医療は崩壊します。
    そんなところに新たに赴任する気力のある医師はまず居ないと思います。正直、自分だったら絶対に行きたくないってのが本音です。
    本当に行政がしないといけないのは、医師の確保よりもまず環境を整えることです。八木教授が「気力、体力ともに限界」と発言されたのは環境の改善を望んでいるからでしょう。

    >通常の公募でなく、病院側が一人または複数の候補者を指名し、受諾した候補者を学内の選考委員会で審査する異例のノミネート方式で選ぶ予定

    これは指名されたくないですね。周囲の病院とか、近県で救急医療を積極的にがんばっている人は要注意ですね。
    しかし、なんでこういう方法をするのか疑問です。こうでもしないと誰も立候補しないからなんでしょうが、このノミネート方式で選ばれた人間が長続きするとはとても思えません。また数ヵ月後に教授探しをやっているような気がします(笑)

    まずは救急に携わる医師とか看護師とかコメディカルの待遇改善から始めないと、問題は解決しないと思います。
    スポンサーサイト



    « ジョン・スメドレー。Vネック買いました。|Top|R-1ぐらんぷり2009 優勝者予想 »

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kabushiki.blog32.fc2.com/tb.php/783-f340e44c

    大学病院から救急撤退、鳥取

    鳥取県では救急が 壊滅しそうなんですが。 今のところ全国ニュースには なっていないようですね。 鳥取大学医学部付属病院の 救急専属医...

    Top

    HOME

    名無し

    管理人: 名無し
    住所:
    年齢:30歳代
    投資:株主優待
    趣味:

    株ブログ 株主優待へ
    病気ブログ 医者・医師へ

    月別アーカイブ