カブシキ!

  • 2008/06/24(火)
  • イタリアが最後まで攻めない。



    EURO2008、決勝トーナメント。
    スペインvイタリアを見ました。結果はご存知の通り、延長まで戦って0-0

    PK戦に突入し、4-2でスペインが勝ちました。

    試合内容はスペインがずっと攻め続ける展開、シュート数でスペインはイタリアを圧倒的に上回っていました。
    イタリアと言えば伝統的に守備のチームです。カテナチオ。ゴールに鍵をかけて絶対に点を取らせないのです。まさにその戦略を具現化した試合でした。
    イタリアは一方的に「守りつづけます」。攻める気配がない、ボールを奪ってカウンター攻撃に移っても、攻めに人数をかけない。殆どがFWのトニひとりにボールを集めているだけの攻めでした。

    一体いつになったら攻めに人数をかけるんだ?
    そう思いながら、前半が終わり、後半も0-0で終わりました。確かに点は取られていないが、「全然攻めていない」。
    デルピエロを投入したあたりから攻めるのかと思いきや、やっぱり攻めない。
    延長戦に入ってもスペインの一方的な攻撃が続きます。イタリアは守り続ける。イタリアは攻めない。

    そしてとうとう0-0のまま、PK戦に突入しました。
    イタリアはGKブッフォンの調子の良さにかけていたのでしょうか?PKには絶対の自信があったのでしょうか?うーん、そうは見えませんでしたが、、

    イタリアの「点を取られないで勝つ」というやり方は確かに勝てる戦略かもしれません。しかし、面白くない。今回イタリアは負けてよかったなと僕は思います。やはり攻めて勝つチームが良い。見ていて面白い!いざ、準決勝、華麗な得点シーンが見たいものです。
    スポンサーサイト

    « 川端康成×荒木飛呂彦|Top|リトル・チャロを毎週見ている。 »

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kabushiki.blog32.fc2.com/tb.php/706-65b037e8

    Top

    HOME

    ss

    管理人: ss
    住所:広島県
    年齢:30歳代
    投資:buy & hold 株主優待
    趣味:サッカー(サンフレッチェ広島)、お笑い、映画、読書、マラソン
    職業:内科医

    Twitter:
    https://twitter.com/kabushi_ss

    Mail to:
    kabushiki_ss@yahoo.co.jp

    株ブログ 株主優待へ
    病気ブログ 医者・医師へ

    月別アーカイブ