カブシキ!

  • 2008/03/22(土)
  • 予知夢 東野圭吾

    東野圭吾です。



    探偵ガリレオ」の続編といったところでしょうか。主人公は帝都大学理工学部助教授、物理学者の湯川学です。彼のもとに大学時代の友人である刑事の草薙が難事件の解決を依頼するという形式で、次々と事件が起こります。殆どは怪奇現象とか偶然とかで処理されてしまいそうな問題なのですが、湯川はそれを物理学者の視点から解決していきます。

    これを読む前に、探偵ガリレオがドラマ化されてしまったことを非常に残念に思います。

    小説を読むことの楽しみの一つに、小説を読んでいるとその場面が頭の中で映像化されて、自分独自の世界が展開されるということがあります。同じ小説を読んでもひとそれぞれに、浮かんでくる映像が全く違う。ガリレオを読んでも、読む人によって、それぞれの湯川像があって、それぞれに頭の中で湯川を動かして想像を膨らませていると思うのです。「探偵ガリレオ」、「予知夢」を読むにあたって、僕の中では既に湯川学像が出来上がっていました。それは見た目はオタクだけど、物理のことになると一気に頭が回転して、すごい発想を思いつく人、のイメージでした。

    残念ながら、「探偵ガリレオ」は映像化されてしまっていて、湯川学=福山雅治で想像しなければいけなくなってしまいます。僕のなかですでに出来上がっていた湯川像は跡形も無く吹っ飛んでしまって、小説を読んでも福山雅治しか浮かんでこないのです。これは困りました。小説を読むときの楽しみをひとつ奪われたような気がしました。

    といっても、小説の内容は理系の僕にとって非常に楽しめるもので、納得できるものでした。このシリーズ、長く続いてほしいと思いますが、如何せん東野氏に続編を書く気力が無いように思えて仕方がありません。
    スポンサーサイト

    « 休日は靴磨き|Top| e-Taxに挑戦 その10 ここからが確定申告です。 »

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kabushiki.blog32.fc2.com/tb.php/666-9c1a1591

    Top

    HOME

    ss

    管理人: ss
    住所:広島県
    年齢:30歳代
    投資:buy & hold 株主優待
    趣味:サッカー(サンフレッチェ広島)、お笑い、映画、読書、マラソン
    職業:内科医

    Twitter:
    https://twitter.com/kabushi_ss

    Mail to:
    kabushiki_ss@yahoo.co.jp

    株ブログ 株主優待へ
    病気ブログ 医者・医師へ

    月別アーカイブ