カブシキ!

  • 2008/02/21(木)
  • サッカー 東アジア選手権 日本対中国を見ました。



    日本 1-0 中国

    サッカーの東アジア選手権、日本v中国をテレビで観戦しました。
    なんか悲しい気分になりました。アジアのレベル低いっすねー

    唯一褒められるのは、冷静に試合をすすめた日本代表イレブンでしょう。あれだけのミスジャッジを連発されても、ひとりも審判に抗議したり反抗的な態度をとったりしませんでした。常に冷静に、最後まで集中力を切らさないで戦いました。(ひとり鈴木という選手が暴力を振るっていました。)それといい流れの時間帯にいい形で一点取ったのは大きかったと思います。試合終了のホイッスルの鳴ったのと同時に中村憲剛が、ミスジャッジ連発の主審と握手を交わしていたのが印象的でした。あれだけのミスジャッジをされたら普通怒りますよ、試合終了と同時に猛抗議ですよ。なのに、ガッチリ握手。紳士ですねー。偉い。

    一番駄目だったのは、主審ですね。アジアのレベルの低さを象徴するようなジャッジでした。本当に恥ずかしかったです。最後、中村に握手を求められてなんか「ニヤニヤ」していましたね。気持ち悪ッッ!

    次に駄目だったのは、中国サポーターですね。試合の途中まではマナーが守れて、ブーイングも少なく、キチンと自国を応援できていましたけど、試合が終盤になってきて点を取れないことにいらだった時の彼らの反応は、「ペットボトルを競技場に投げ入れる」「発炎筒を炊く」「監督辞めろのブーイング」でした。
    こんなにレベルの低い人たちとサッカーをしているのかと思うと恥ずかしくなりました。

    そして、次に駄目だったのは、中国代表の選手たちです。彼らはテクニックがありません。終盤にラフプレーのオンパレードを見せてくれましたが、あれは到底世界に見せられるサッカーではありません。

    本当に日本が勝ってよかったと思います。

    同じ時間帯、ヨーロッパではチャンピオンズリーグの試合をやっていて、レベルの高い試合が展開されています。東アジアでは、あのレベルの試合。
    アジアのサッカーが世界レベルに追いつく日は来ないような気がしました。根本的にサッカーに対する考え方が駄目なんじゃないのかなと思いました。

    今日の日本v中国をテレビで見たヨーロッパの人たちの声、
    「東アジア?どこ、それ。ショボッッ」
    「これって、サッカー?子供の殴り合いみたいだねえ。」
    「アジアではサッカーは発展しないだろう」
    「この審判っていくら貰っているの?」
    「いや、お金貰っててもここまであからさまにやっちゃ駄目でしょー」

    田代
    スポンサーサイト

    « e-Taxに挑戦 その4|Top|天空の蜂 東野圭吾 »

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kabushiki.blog32.fc2.com/tb.php/650-5fa564e2

    Top

    HOME

    ss

    管理人: ss
    住所:広島県
    年齢:30歳代
    投資:buy & hold 株主優待
    趣味:サッカー(サンフレッチェ広島)、お笑い、映画、読書、マラソン
    職業:内科医

    Twitter:
    https://twitter.com/kabushi_ss

    Mail to:
    kabushiki_ss@yahoo.co.jp

    株ブログ 株主優待へ
    病気ブログ 医者・医師へ

    月別アーカイブ