カブシキ!

  • 2007/10/18(木)
  • 相場で負けたときに読む本 実践編  損切りを決意した本。



    いままで株を売買してきて、正直殆ど利益は出ていません。逆に損失のほうが大きいくらいです。
    その原因を考えてみるに、「損切り」の重要性をいまだ理解していないことが一番ではないかと思っています。最近は損失がとても大きくなってきて、そろそろ真剣に株の勉強をと考えていたときにこの本に出会いました。

    タイトルはまさに「相場で負けたときに読む本 実践編」。
    ブックオフで見つけて、タイトル買いしてしまいました。
    実践編とありますが、中身に具体的な数字が出てくるわけではなく、相場に対する考え方が抽象的に書かれています。しかし、損切りに対する考え方が変わったので、この本を読んで意味があったと思います。

    ↓以下は内容のリストと、それに対する考察です。自分用の覚書です。

    生き残るための精神修行
    第1回 感情を封印せよ
    第2回 謙虚に臨め
    第3回 欲を持つな
    第4回 スリルを求めるな
    第5回 やらない勇気を持て
    第6回 冷静になれ
    第7回 うぬぼれるな
    第8回 有頂天になるな
    第9回 健全な懐疑心を持て
    第10回 ときには騙されろ
    第11回 破壊衝動を抑え込め
    第12回 恐怖心を忘れるな
    第13回 無心で決断しろ
    第14回 純真無垢の精神状態で臨め

    トレーダーの生存心得
    第15回 エントリーの準備を怠るな
    第16回 仕掛ける前によく考えろ

    仕掛ける前が勝負の分かれ目である。
    生き残っているトレーダーは計画をたてることに相当の時間を費やします。
    上級トレーダーになるほど、計画を綿密に立てていて、「いつ売るか」「いくら売るか」ポジションを持つ前に全て計画されているということです。あとはその計画に従うだけの意志があればいいのです。感情は要りません。

    第17回 計画を立てろ
    第18回 統計的に勝て

    マーケットで生き残るためには確率に基づく統計的戦略が必要です。
    トレードをするまえに計画を立てて、その計画が過去のデータで有効になっているかを検証しなければなりません。

    第19回 規律に従え
    第20回 確立されたルールを作れ
    第21回 時間を甘く見るな

    上級トレーダーは時間を軽視しない。「いつ」安く買えるか、「いつ」高く売れるか、「いつ」までポジションを持ち続けるかという時間に関する概念を持っているトレーダーは実際にあまり居ないものなのです。

    第22回 鉄の意志を持て
    第23回 ルールを破るな
    第24回 負けトレードを分析しろ

    これは非常に重要だと思います。負けトレードは「嫌な思い出」ですから早く忘れてしまいたいのが心情ですが、、本当は負けトレードの中に宝が眠っているものなのです。

    第25回 中立的思考を保て
    第26回 マイナス思考を心掛けよ
    第27回 勝つ行動をレシピ化せよ
    第28回 オーバートレーディングをなくせ
    第29回 資金変動チャートを見つめろ

    いままで僕は資金変動チャートを作っていませんでしたが、これを読んでからいままでの資産推移をグラフ化しました。これで自分の資金がどれだけ失われているかが視覚的にわかるようになりました。

    利食いと損切り 攻めと守り
    第30回 負けても資金を残せ
    第31回 勝つために守る
    第32回 護身術
    第33回 調子の悪い時期の負け方
    第34回 ストップロス

    これ、大事です。この本ではストップロスを置くことは「セーフティネットを置くこと」で、非常に大事なことだと述べて、多くのページを割いてあります。上級トレーダーはリスク管理のために必ずストップロスを置きます。
    ストップロスは破滅を避けるための手数料です。

    第35回 逆指値

    上に書いたことと殆ど同じですが、逆指値を置いて、損失を限定することはすごく大切なことです。多くのトレーダーは逆指値を置かないことが原因で破滅的な損失を被っています。

    第36回 小さい損失

    利食いは嬉しいし、損切りは苦しいのは当たり前の感情です。その感情から利食いを早く、損切りを遅くしてしまうのが普通の人間だと思います。
    その感情に背いて、利食いを遅らせ損切りを早く行うことが、上級トレーダーに与えられた勇気だと思います。

    小さな損失は負けではない。破滅から逃れるための手数料だ。

    第37回 損切る勇気

    損切りは難しいというのは、感情的な理由が殆どだと思います。損失を確定してしまうことは負けを認めることですから、なかなか出来ないものです。しかし上級トレーダーは損切りをいとも簡単にやってしまいます。

    第38回 損切りの躊躇
    第39回 失敗は成功の元
    第40回 真の信念
    第41回 芸術的な損切り
    第42回 ときにはホームランも必要
    第43回 利食いの恐怖

    利益が出ているときは早く利益を確定してしまいたいものですが、、上級トレーダーは利食いは出来るだけ遅らせます。このことが上級トレーダーが勝てる理由なのです。

    第44回 TOPSCOLA

    Take Of Profits Slowly, Cut Off Losses At once.
    利食いはゆっくり、損切りはただちに。という意味です。

    第45回 利益管理
    第46回 利乗せ
    第47回 曲がり屋に向かえ
    第48回 損失の中で光る宝石

    大衆を超絶する勝者の世界
    第49回 選ばれし者
    第50回 思い入れのレベル
    第51回 考え方の違い
    第52回 コントラリアン
    第53回 皮肉混じりの勝者

    「大衆は常に間違っている」といいます。僕も大衆の一員ですから常に間違っているのです。そのことに気がつくのが勝者への一歩になります。
    勝者はそのことを教えてはくれません。本当の勝者は自信をもって取引しているのに、そのことを隠して、謙虚に振舞います。敗者たちに悟られてはなりません。なぜなら勝者は敗者の負け銭で生活しているからです。

    第54回 勝者は口を開かない
    第55回 感情の無いロボット
    第56回 直感的トレード
    第57回 分散投資の不必要性
    第58回 確実と確率

    初心者は確実に勝つことを目指しますが、上級者は確実に勝つことなど不可能だということを知っています。
    彼らは、勝つ確率を高めることに集中し、負けトレードを分析します。

    第59回 勝者の証



    この本から学んだことで一番大きいことはやはり『損切りを絶対に行うこと』でしょう。
    いままでの僕は損切りを行うことを決めていても、(いや、もしかしたらここが底で、いまから株価が上昇に転じるのでは?)などと自分の都合の良い解釈をして、損失を確定することから逃げてきました。
    そんな低いレベルの投資家から脱却しようと思います。

    必ず損切りラインを決めてから投資を始め、損切りラインを超えたら必ず損切りを行う。機械のように。感情は要りません。

    長生きしているトレーダーは「大負け」をしない。

    スポンサーサイト

    « まだまだ若いつもり。|Top|ピュアステーション (株式会社ピュア) »

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kabushiki.blog32.fc2.com/tb.php/587-4f884bbe

    Top

    HOME

    ss

    管理人: ss
    住所:広島県
    年齢:50歳代
    投資:buy & hold 株主優待
    趣味:サッカー(サンフレッチェ広島)、お笑い、映画、読書、マラソン
    職業:内科医

    Twitter:
    https://twitter.com/kabushi_ss

    Mail to:
    kabushiki_ss@yahoo.co.jp

    株ブログ 株主優待へ
    病気ブログ 医者・医師へ

    月別アーカイブ