カブシキ!

  • 2006/11/13(月)
  • 椿姫 浅田次郎



    浅田次郎の短編集。

    以前に紹介した「鉄道員(ぽっぽや)」も短編集ですが、この椿姫のほうがおすすめかもしれません。
    なかでも僕が好きなのはこの中に掲載されている「再会」という作品と、「零下の災厄」です。

    「再会」はずっと心の中にしまっておいた昔の恋人の未来の姿をたまたま目撃してしまう男の話。
    あまり現実味はなく、空想の話の域を出ませんが、なんとなく自分の身にも起こってしまうのではないかなーといった話です。
    (意味がわからないですよね、スミマセン。読んでみてください。)

    「零下の災厄」は、真面目を絵に書いたような男に降りかかるとんでもない災難を書いています。
    しかし、最後にオチというか、種明かしがされてなくて、消化不良に終わってしまいます。。
    是非、オチも書いて欲しかったなーという感想を持ちました。

    「鉄道員(ぽっぽや)」はファンタジーな話が多かったですが、この「椿姫」はすこし現実味のある話が多かったような気がします。
    個人的にはこっちのほうが好きです。

    とにかく、浅田次郎はオススメですよー。
    スポンサーサイト

    « すべてがFになる  森博嗣|Top|がっちりマンデー。特集はロングセラー商品 »

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kabushiki.blog32.fc2.com/tb.php/331-98e9b599

    Top

    HOME

    ss

    管理人: ss
    住所:広島県
    年齢:50歳代
    投資:buy & hold 株主優待
    趣味:サッカー(サンフレッチェ広島)、お笑い、映画、読書、マラソン
    職業:内科医

    Twitter:
    https://twitter.com/kabushi_ss

    Mail to:
    kabushiki_ss@yahoo.co.jp

    株ブログ 株主優待へ
    病気ブログ 医者・医師へ

    月別アーカイブ