カブシキ!

  • 2006/10/30(月)
  • 鉄道員(ぽっぽや) 浅田次郎



    映画化された有名な作品です。

    この本は「鉄道員」をはじめ、「ラブ・レター」「角筈にて」などの短編からなる本です。
    タイトルの「鉄道員」は、人生をかけて、一つの仕事を全うした男に起こる奇蹟を書いたものです。
    浅田次郎の作品には、「決してスポットライトを浴びることのない主人公」がよくでてくるのですが、この主人公たちがどれもとても味があるのです。
    「男として尊敬できる人物」が主人公として沢山でてきます。

    一度読むと虜になってまいますよ、絶対。
    スポンサーサイト

    « 10月のサマリ|Top|郵政公社のカイゼン »

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kabushiki.blog32.fc2.com/tb.php/322-d34bddfb

    Top

    HOME

    ss

    管理人: ss
    住所:広島県
    年齢:30歳代
    投資:buy & hold 株主優待
    趣味:サッカー(サンフレッチェ広島)、お笑い、映画、読書、マラソン
    職業:内科医

    Twitter:
    https://twitter.com/kabushi_ss

    Mail to:
    kabushiki_ss@yahoo.co.jp

    株ブログ 株主優待へ
    病気ブログ 医者・医師へ

    月別アーカイブ