FC2ブログ

カブシキ!

  • --/--/--(--)
  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 2018/08/19(日)
  • 人魚の眠る家 東野圭吾

    人魚の眠る家


    答えてください。
    娘を殺したのは私でしょうか。

    東野圭吾作家デビュー30周年記念作品
    『人魚の眠る家』

    娘の小学校受験が終わったら離婚する。
    そう約束した仮面夫婦の二人。
    彼等に悲報が届いたのは、面接試験の予行演習の直前。
    娘がプールで溺れたー。
    病院に駆けつけた二人を待っていたのは残酷な現実。
    そして医師からは、思いもよらない選択を迫られる。

    過酷な運命に苦悩する母親。その愛と狂気は成就するのか。
    愛する人を持つすべての人へ。感涙の東野ミステリ。



    テーマは脳死です。
    東野圭吾の切り口で脳死判定問題に切り込んだ作品。

    ミステリー的な要素はなくて、物語は淡々と進んでいきます。
    日本の脳死判定の問題点を鮮明にえぐり出してくれますが、ではどう改善したら良いのかは誰にもわかりません。
    脳死判定の事例が少ない理由もわかるでしょう。普通は残された家族は脳死判定の道を選びません。

    日本の医療は意思決定を「先延ばし」にする風潮があります。
    脳死判定、延命治療、誰もが責任を取りたくないため、とりあえず命を延ばしておこうか、、、となります。

    人の命についても、もっとドライに扱ってもいいと思いますが、、
    そんなことを言うと、ボコボコに批判されるので、やめておきます。
    スポンサーサイト

    « くらコーポレーションの優待到着 2018年4月|Top|人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている ふろむだ »

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kabushiki.blog32.fc2.com/tb.php/2783-252fa85e

    Top

    HOME

    名無し

    管理人: 名無し
    住所:
    年齢:30歳代
    投資:株主優待
    趣味:

    株ブログ 株主優待へ
    病気ブログ 医者・医師へ

    月別アーカイブ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。