FC2ブログ

カブシキ!

  • --/--/--(--)
  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 2018/06/25(月)
  • 朝日ぎらい 橘玲

    朝日ぎらい 橘玲

    「明日は今日よりずっとよくなる」。そういう希望がほんらいのリベラル。
    私たちが、そう思えないのはなぜだろう。

    朝日新聞に代表される戦後民主主義は、なぜ嫌われるのか。
    今、日本の「リベラル」は世界基準のリベラリズムから脱落しつつある。
    再び希望を取り戻すには、どうしたらいいのか?
    若者が自民党を支持するワケからネトウヨの実態、リベラルの未来像まで、
    世界の大潮流から読み解く、再生のための愛の劇薬処方箋!


    尊敬する橘玲氏の、センセーショナルなタイトルです。
    この10年、氏がずっと言ってきた「リベラル」の話です。
    朝日新聞はリベラルの日本代表みたいな選手になっていますが、氏はここに疑問を投げかけます。

    キワードは、
    「右傾化」と「リベラル化」です。このキーワードを意識して読んでいくと理解が深まるでしょう。



    印象に残ったところを、箇条書きに。

    卓越したポピュリスト政治家である橋下徹で、「大阪から日本を変える」



    橋下徹氏は、本当のポピュリストでした。
    大阪都構想で破れて政界を去りましたが、稀代の名政治家だったのは間違いないです。わたしは橋下徹は大好きでした。
    とても残念です。
    この橋下徹を徹底的に研究して登場したのが、日本初のポピュリスト政治家、小池百合子なのです。

    橋下徹氏は、ネオリベを前面に押し出して日本初のネオリベ政治家になりました。
    50代以上は、これを「反動右翼」「ハシズム」として拒絶、40代以下はネオリベこそがリベラルで、これを大いに歓迎しました。
    多数決原理で、50歳以上が多い大阪府では橋下氏は破れましたが、数年後にはまた橋下徹のような政治家が現れることを期待します。

    現在の日本で起きているのは、「改革」をめぐる世代間対立だ。(中略)「既得権益にしがみつかないと生きていけない世代」と「既得権を破壊しなければ希望のない世代」に分断されている。



    日本社会は、このような構造になってしまっているのです。
    50歳代以上にとっては、国民皆保険制度や社会保障制度を死守することが最大の利益で、40歳代以下の者にとってはこれらを崩壊させる政策が最大の利益となるでしょう。
    前者を「右傾化した保守」、後者を「リベラル」と解釈して、わたしは本書を読み進めました。

    保守は終身雇用の日本的な雇用が日本人を幸福にしたと主張し、雇用破壊のTPPに反対し、夫がサラリーマンとして働き妻が子育てに専念する性役割分業こそが日本の伝統だと主張する。



    人生100年の時代に、旧態依然として年金制度がWorkしないのは明らかでしょう。戦後の高度経済成長期に外国から輸入したこの制度がいまの世の中に適合するはずはありません。
    変わらなければならないのです。

    リベラル化の潮流は奴隷制やアパルトヘイト政策などの善悪のはっきりしているほとんどの問題を解決するという大きな成果をあげた。
    その結果、残っているのは信仰の自由と世俗主義の対立、経済格差と自己責任、地球温暖化や原発の是非など、簡単には善悪を決められないやっかいな問題ばかりだ。



    リベラルは簡単に解決できる問題を制圧したが、それ以外のやっかいな問題を解決できないがために、批判の対象になっているという現象です。

    欧米を後追いしながら、日本社会の価値観も確実にリベラル化している。だとすれば「右傾化」とはいったいなんなのか。




    ネット世論に頻出するテーマ
    1. 嫌韓・嫌中意識
    2. 弱者利権認識に基づく、マイノリティへの違和感
    3. マスコミに対する批判



    ネトウヨと呼ばれるひとたちは、「日本人であること」の既得権益を必死で守ろうとします。
    それは自分たちは「日本人である」こと以外になんの自信もないからです。日本人であることにしがみつくために弱者(マイノリティ)を批判し、自分たちはマジョリティであると錯覚します。本当はマジョリティでも何でもないのです。

    (この記事を書いているときに、低脳先生による殺人が起きました。低脳先生はネトウヨなんでしょう。)

    日本の右傾化とは、嫌韓・反中を利用した日本人のアイデンティティ回復運動のこと。




    「白人」「日本人」「男性」というアイデンティティに共通するのはなんの努力もせずに手に入り、共同体の外部にいる他者がそれを名乗ることはできないということだ。



    白人は黒人に対して、日本人は中国人や韓国人に対して、自分とおなじアイデンティティは原理的に得られないことを声高に主張できるのです。なにも努力しないで手に入れたアイデンティティという既得権を絶対に手放したくないというのが、彼らの生存戦略です。

    正義とはそもそもなんだろうか。現代の脳科学はこれを一行で定義する。「正義は快楽である。」これだけだ。



    復讐をしたり、仇討ちをする物語をみると、人間の脳は活性化されます。その活性化される部分は快楽を得たときと同じ部分のようです。

    ネトウヨがアルコール依存症やギャンブル依存、ドラッグ中毒と同じ、インターネット社会が生み出した病理現象=正義依存である。



    ネトウヨは匿名という安全地帯から対象を攻撃します。これは相当な快楽をもたらすようです。ドラッグと同じで、一度快楽を覚えるとずっと匿名コメントなどの「快楽」を求めざるを得なくなります。一種の病気です。

    多様なアイデンティティの多くは、努力と才能によって獲得されたものだ。



    「インド国民」「ベンガル人」「経済学者」「ハーバード大教授」などの多彩なアイデンティティをもったアマルティア・センを例にあげて、アイデンティティはたくさんあったほうが良いと説きます。
    単一のアイデンティティしかない生き方はすぐに行き詰まります。


    働かないのは、個人の自由な選択なのだから、それによって貧困に陥っても社会が援助する必要はない。



    これがリベラルな北欧諸国の一般的な考えです。すべては自己責任なのです。


    人間が誰かの行動の自由に干渉するのが正当だといえるのは、自衛を目的とする場合だけである。文明社会で個人に対して力を行使するのが正当だといえるのはただひとつ、他人に危害が及ぶのを防ぐことを目的とする場合だけである。



    これは功利主義の他人に危害を加えなければ、何をするのも自由という考え方です。この道徳基盤をもつ功利主義者が、WEIRD(奇妙な)です。
    W Western
    E Educated
    I Industrialized
    R Rich
    D Democratic


    アメリカの分裂とは、ニューリッチ=グローバリスト VS トランプを支持するラストベルトのホワイトワーキング・クラスの対立



    今回の大統領選挙では、数の力でホワイトワーキングクラスが勝ちました。
    おそらく日本での同じような現象がおきるでしょう。すなわち、ワーキング・クラスを味方につけた政治家が登場して、うまくやると政権を奪取できるということです。
    日本人であるということ以外にアイデンティティを持たいないひとがすごく増えるので、これらを票田にすれば、日本版のドナルド・トランプになれるでしょう。

    トランプ支持者の多くが低学歴(高卒 中退)であることは様々な調査で明らかだ。
    知能が高い子がリベラルになり、そうでない子供が保守的になる。



    生まれながらにして、「リベラルになりやすい子供」と「保守になりやすい子供」がいるらしいこと。



    ある程度、政治思想は遺伝的要素があるという仮説です。これは科学的根拠がありそうで、責任遺伝子もある程度同定されているようです。
    そして、本書では、政治思想には「匂い」もあると書いてあります。実際に匂いについての実験で、自分と同じ思想をもった人間(異性)の匂いを良いものと感じ、違う政治思想をもった異性の匂いに嫌悪を感じることがるようです。
    (眉唾ですが。。)


    最後までしっかり読むと、橘玲氏の政治的立場がリベラルであるということがわかります。
    いわれない差別にはしっかりと反対し、個人が自由に生きる世界を支持しています。その橘玲氏が世の中にもっとリベラルになってほしいと願い、10年来一貫して主張していることが本書に纏められています。
    リベラルの代表である朝日新聞を名指しし、本当のリベラルな会社になってほしいと願っていることが伝わってきます。


    折に触れて読み返したい一冊です。

    スポンサーサイト

    « 6月末の優待クロス取引 2018年|Top|芙蓉総合リースの優待到着 2018年3月 »

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kabushiki.blog32.fc2.com/tb.php/2764-2684561b

    Top

    HOME

    名無し

    管理人: 名無し
    住所:
    年齢:30歳代
    投資:株主優待
    趣味:

    株ブログ 株主優待へ
    病気ブログ 医者・医師へ

    月別アーカイブ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。