FC2ブログ

カブシキ!

  • --/--/--(--)
  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 2018/05/28(月)
  • 大人の語彙力大全  齋藤孝

    齋藤孝 大人の語彙力


    “大人の質”は、身に付けた「言葉の数」で決まる!

    「この人できる!」と思われる語彙を全て網羅!

    仕事の力量があるかないかということ以前に、稚拙な表現や思慮の浅そうな表現をしていれば、
    社会人としてのレベルを低く見積もられてしまいます。

    社会人としての評価を上げ、キャリア形成でつまずかない、軽く扱われないための
    「知性と教養を感じさせる語彙」483語を日本語研究の第一人者、齋藤孝先生が一挙解説!


    文字通り、語彙力を高めるために読みました。
    ページを捲ってみると、自分の知らない単語のオンパレードで、語彙力不足を痛感しました。

    わからなかった語彙に印を付けたので、ここに纏めておきます。


    第一章 基本語

    時宜を得る

    良い時期を捉える。タイミングが良いこと。


    鬼籍に入る

    死ぬことの婉曲的な言い方。


    よんどころない。

    そうするより仕方がない。やむを得ない。


    不躾

    礼儀がなっていないこと。無作法なこと。


    遵守

    じゅんしゅ。法律や道徳をよく守ること。
    そんしゅと読まない。

    苦衷

    くちゅう。苦しい心の中。
    衷はこころや物事の真ん中という意味です。
    Ex. 苦衷をお察しします。


    同慶

    どうけい。自分にとっても同じ様に喜ばしいこと。
    Ex. このたびのご昇進は、ご同慶の至りです。

    慚愧

    恥じ入ること。
    Ex. この度の失礼、甚だ慚愧の至りです。

    小職

    地位の低い官職。自分を謙遜して言う。

    歯牙にもかけない

    問題にしない。相手にしない。

    愁眉を開く


    愁眉は、愁いを含んだ眉。
    愁眉を開くとは、悲しみや心配がなくなってホッとした表情になること。

    夢寐にも

    寐は寝るの旧字体。
    夢寐にも忘れないは、どんなときも忘れないという意味。

    悲喜こもごも

    悲しいこととうれしいことを、代わる代わる味わうこと。

    滅相もない

    とんでもない。あるべきことではない。
    滅相とは、仏教で存在するすべてのものが滅びて過去に入ること。あってはならないこと。

    お歴々

    地位の高い立派な人の集まり。


    半畳を入れる

    他人の言動に非難の言葉をかけること。

    毒気に当てられる

    非常識な行動に呆然とすること。
    Ex. 傍若無人に行動する人の毒気に当てられて、早々に帰ってきたよ。

    教唆

    他人をそそのかすこと。他人が罪を犯す用にしむけること。


    遡及

    過去に遡って影響を及ぼすこと。

    凋落

    しぼんで落ちること。衰えること。

    忸怩たる

    自分の行いを恥じる様子。


    不世出

    滅多に夜に現れないほど優れていること。



    第2章 敬語

    賢察

    相手を敬って、その人が推察することをいう言葉。お察し。


    寛恕

    心が広く、思いやりのあること。過ちなどを咎めずに許すこと。
    恕は、思いやりの意味。


    お気持ちだけいただきます。

    相手の配慮をやんわりと断る言葉。


    芳情(ご芳情)

    相手の思いやりをの心を敬っていう言葉。
    ご芳情に感謝いたします。



    お聞き及び

    人づてに聞いて、すでに知っていることを敬っていう言葉。


    御高説

    相手の優れた意見。
    御高説を賜る。
    御高説を賜りまして、誠にありがとうございました。


    ご査収

    よく調べた上で受け取ること。


    ご臨席

    会合や式に出席すること。
    ご臨席くださいますよう、お願い申し上げます。

    ひとかたならぬ

    並一通りではない様子。
    平素はひとかたならぬご愛顧を賜り、誠に・・


    ご高承

    相手の承知・承認を敬う言葉。
    何卒、御高説を賜りたく存じます。


    ご厚誼

    深い親しみの気持ち。
    ひとかたならぬご厚誼を賜り、お礼申し上げます。


    ご精励

    勉学などに精を出すこと。


    第3章 言い訳

    30秒だけお時間をください

    上司に相談や報告があるときに、面倒なことと警戒心を持たれないように。


    いたしかねます

    できない。することに堪えられないという意味。

    憚りながら

    恐れながら。大げさかもしれないが。
    憚りながら、わたしはこの仕事を30年以上やらせていただいておりまして、、


    ご面倒でなければ

    わずらわしく、大変でなければ


    心得違い

    思い違い。道理に外れた考え。
    心得違いを戒めます。


    第4章 頻出語

    クオリア

    感覚的体験による質感のこと。
    キンモクセイの甘い香りとクオリアが感じられる。


    レジーム

    体制、政治体制。


    プロパガンダ

    主義。思想の宣伝。
    広く知れ渡らせること。



    第5章 ビジネス語

    ボトルネック

    支障になるもの。障害。
    瓶の狭い口が窮屈になっていて、円滑な進行を妨げるということから生まれた言葉。


    コミッション

    手数料。仲介料。賄賂。

    モジュール

    基準となる寸法。基本単位。
    ひとまとまりの機能。
    基本単位に分割することを、「モジュール化」


    第6章 漱石語

    厭世的

    人生に悲観し、生きるのが嫌になっている様子。


    情に棹さす

    人情を重んじる、人情に従うということ。


    一朶の雲

    ひとかたまりの雲。
    一朶とは、花の一枝。ひとかたまり。


    慚愧の至り

    反省して深く恥じること。



    最後の漱石語は、ほとんど使うことがないでしょう。
    第4章、第5章のカタカナ語は、医師であればよくつかうので(笑)ほとんど知っていました。
    むしろ第1章の基本語がかなり怪しかったので、基本語を中心に復習していこうと思いました。

    折に触れて読み返すエントリーになりそうです。

    わたしは、
    基本的な敬語も、上手につかうことができないので、この本をきっかけにメールなどで使う敬語を一新しようと思いました。
    スポンサーサイト

    « 5月の優待クロス取引 2018年|Top|ヒゲ脱毛の効果を真剣に検討してみる。1ヶ月経過 »

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kabushiki.blog32.fc2.com/tb.php/2747-7383c06e

    Top

    HOME

    名無し

    管理人: 名無し
    住所:
    年齢:30歳代
    投資:株主優待
    趣味:

    株ブログ 株主優待へ
    病気ブログ 医者・医師へ

    月別アーカイブ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。