FC2ブログ

カブシキ!

  • 2018/04/16(月)
  • 10年後の仕事図鑑

    10年後の仕事図鑑


    自分次第で、未来は幸福にも絶望にもなる

    ●AIにポジションを取られる前に。動くのは、今だ

    AI(人工知能)、仮想通貨、lLIFESHIFT、ホワイトカラーの終焉……。
    10年後どころから5年先すら予期できない今、今の仕事、会社、社会、キャリアはどうなるのか。
    今世界で最も注目される日本人研究者落合陽一氏と、圧倒的な行動力で時代の最先端を走り続ける堀江貴文氏が、
    お金、職業、仕事、会社、学校など、今考えられる新たな社会の姿を余すところなく語ります。


    ●主な内容

    ・激動の時代を生きるあなたに伝えたいこと
    ・経営者すら職を奪われる時代
    ・総エージェント化する個人
    ・湯婆婆に名前を奪われるな
    ・センター試験は無駄
    ・ロボットがロボットを印刷する
    ・AIの社会は古代ローマ
    ・名将にAI監督が勝つ時代
    ・ウサイン・ボルトを見習え
    ・交換可能な価値の缶詰をつくる
    ・波を待つな、自ら波を起こせ
    ・食べていくための安い仕事にしがみつくな


    大好きな堀江貴文氏と、
    いま乗りに乗っている落合陽一氏のコラボ本。

    といっても、ふたりの対談形式ではなく、ふたりが別々に書いた(喋った)ものを一つの本に編集したものです。
    なので、ふたりの意見が融合したり、反発したりといった展開はありません。
    短めの文章がゾロゾロと書かれます。


    とにかくシンプルに、好きなことにひたすら熱中していればいい。



    好きなことだけで生きていくにも書かれている、中心的な思想です。


    芝麻信用にみる中国の先進性



    中国の芝麻信用は、アリペイをしようする上で活用されます。使用者の信用度を数値で算出するサービスです。
    ちょうどオークションの、「評価」のようなものです。
    中国では、この芝麻信用が浸透していて、お金をかりるときや、普段の生活での「信用」として使われます。信用を数値化する、中国は日本の何十年も先をいっていそうです。


    恐怖に縛られるのはやめよう。



    まわりが結婚しているから、わたしも。
    まわりが車をもっているから、わたしも。
    隣の芝を青く思っている時間ほど無駄なものはない。
    と堀江貴文氏も落合陽一氏も同じ意見です。他人にどう思われたいとか、承認欲求とか、完全に否定されます。

    パッケージは違うのに、中身はほとんど一緒。



    駅弁を10個買って、並べてみたら、中身はどの弁当もほとんど一緒だったという話。
    工業社会では、まったく同じものでも、違う包装をすることで違う商品として売り出せます。
    ジェネリック薬品はその最たるものです。
    外装にまどわれることなく、中身を吟味できるひとになりたいです。

    トーマスJワトソン(IBM初代社長)
    「不確かな持論を持つ思想家の道を辿れ。自らの考えを論争の脅威にさらけ出せ。率直に意見を述べて、変わり者のレッテルよりも従順という汚名を恐れよ。そして、自分にとって重要に見える問題のために立ち上がり、どんな困難にも立ち向かえ」



    異端となることを推奨する文章です。
    この考え方は、アドラー心理学に通ずるものがあります。
    未来を恐れず、過去に固執せず、今を生きたいです。


    スポンサーサイト

    « HSBC香港から楽天銀行へ送金する方法 取引の確認が厳しくなっています|Top|好きなことだけで生きていく。 堀江貴文 »

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kabushiki.blog32.fc2.com/tb.php/2738-4971b84e

    Top

    HOME

    ss

    管理人: ss
    住所:広島県
    年齢:30歳代
    投資:buy & hold 株主優待
    趣味:サッカー、お笑い、映画、読書、マラソン
    職業:内科医

    Twitter:
    https://twitter.com/kabushi_ss

    Mail to:
    kabushiki_ss@yahoo.co.jp

    株ブログ 株主優待へ
    病気ブログ 医者・医師へ

    月別アーカイブ