カブシキ!

  • 2017/10/10(火)
  • 君たちはどう生きるか 吉野源三郎

    君たちはどう生きるか


    未読であった、「君たちはどう生きるか」をリバイバルされた漫画で読みました。

    1937年に出版されて以来、
    数多くの人に読み継がれてきた、
    吉野源三郎さんの名作「君たちはどう生きるか」。
    人間としてどう生きればいいのか、
    楽しく読んでいるうちに
    自然と考えるように書かれた本書は、
    子供はもちろん
    多くの大人たちにも
    共感をもって迎えられてきました。
    勇気、いじめ、貧困、格差、教養、、、
    昔も今も変わらない人生のテーマに
    真摯に向き合う
    主人公のコペル君と叔父さん。
    二人の姿勢には、生き方の指針となる言葉が
    数多く示されています。
    そんな時代を超えた名著が、
    原作の良さをそのままに、
    マンガの形で、今に蘇りました。
    初めて読む人はもちろん、
    何度か読んだことのある人も、
    一度手にとって、
    人生を見つめ直すきっかけに
    してほしい一冊です。


    主人公のコペル君と叔父さんを軸に展開される、物語です。
    時代背景は、いまから80年くらい前ですので、戦前と考えられます。

    物語は漫画で読めますが、各章の最後にオジサンからコペル君に宛てた手紙が書かれます。
    この手紙のなかに、「どう生きるか」が凝縮されています。

    いまも昔も、子供時代のテーマは同じです。
    「貧困」と「いじめ」

    主人公のコペル君は、裕福な家に生まれて、勉強もできる子供ですが、同級生の浦川くんがいじめられていることが気になり、友達になります。
    しかし、力不足のために浦川くんを助けることができないことに葛藤を覚えます。

    そんなコペル君に、オジサンが手紙を書くことでアドバイスを与える展開で物語は進んでいきます。



    本書は、小学生にはちょっと難しすぎるかもしれません。
    中学生くらいの男の子に読んでもらいたい本です。
    スポンサーサイト

    « 弱くても勝てます 高橋秀実|Top|貸株という制度のついて »

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kabushiki.blog32.fc2.com/tb.php/2657-5b792b14

    Top

    HOME

    ss

    管理人: ss
    住所:広島県
    年齢:30歳代
    投資:buy & hold 株主優待
    趣味:サッカー(サンフレッチェ広島)、お笑い、映画、読書、マラソン
    職業:内科医

    Twitter:
    https://twitter.com/kabushi_ss

    Mail to:
    kabushiki_ss@yahoo.co.jp

    株ブログ 株主優待へ
    病気ブログ 医者・医師へ

    月別アーカイブ