FC2ブログ

カブシキ!

  • 2017/09/20(水)
  • 君の膵臓をたべたい 住野よる

    君の膵臓を映画


    原作の小説を読んでから、映画を観ました。
    内容については、殆ど知っていたのですが、映画に没頭でき、なかなか良い作品でした。

    原作の感想はこちら。

    重い膵臓の病を患うヒロイン・山内桜良に浜辺美波。桜良の病気を唯一知ることになるクラスメイトの【僕】役には北村匠海。これからの活動に目が離せないフレッシュな2人が、儚くも美しい高校時代を瑞々しく演じます。さらに映画では、原作には無い12年後の≪現在≫が描かれ、≪過去≫と≪現在≫の2つの時間軸が交錯しながら物語が進んでいきます。そんな≪現在≫パートで教師となった【僕】に小栗旬、桜良の親友【恭子】を北川景子が演じ、物語を大きく揺り動かします。主題歌はMr.Childrenの新作「himawari」。心を揺さぶる情感溢れるメロディが感動のラストを彩ります。


    わたしは原作のほうが好きでした。
    小説と映画では、少々内容が異なるようです。

    小説では、「君の膵臓をたべたい」が伏線となって、最後に見事に回収されるのですが、
    映画ではその演出がカットされてしまっていて、興ざめでした。

    高校時代から、10年後の役に小栗旬とか北川景子は、少々無理がありました。
    10年でそんなに変わらないだろ(笑)


    それでも、一生懸命つくられた映画であることは間違いないですが、主人公の若い二人が、頑張って演じていたのは、ぐっときました。
    あと、Mr.Childrenのhimawariは最高でした。
    スポンサーサイト

    « 9月の優待クロス 2017年 長期保有のみ|Top|FCホールディングスの優待到着 2017年7月 »

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kabushiki.blog32.fc2.com/tb.php/2646-73ffa556

    Top

    HOME

    名無し

    管理人: 名無し
    住所:
    年齢:30歳代
    投資:株主優待
    趣味:

    株ブログ 株主優待へ
    病気ブログ 医者・医師へ

    月別アーカイブ