カブシキ!

  • 2017/05/25(木)
  • 貧困とセックス 中村淳彦 鈴木大介

    貧困とセックス


    『ルポ中年童貞』『最貧困女子』両著者が徹底討論!
    男女2400人への取材でわかった「最底辺」のリアル

    〈彼ら〉が貧困から脱出できない理由
    ◎セーフティネットとしてのセックスワーク
    ◎女子大生風俗嬢と奨学金問題への誤解
    ◎シングルマザーから見えてくる深い闇
    ◎「援デリ」に流される家出少女
    ◎介護業界は中年童貞ではなく風俗嬢を雇用すべきだ
    ◎国の政策に翻弄されてきた貧困階層



    貧困について、その最底辺を取材してきた中村氏と鈴木氏の対談です。

    「中年童貞」の中村淳彦と、
    「最貧困女子」の鈴木大介、


    貧困に陥って、生活できなくなった女性が、性風俗に走るから、風俗をとりしまりましょう!といった考え方を一刀両断し、
    風俗産業はいまや社会のセーフティネットになっていることを教えてくれます。
    男性では、生活困難者はいまでは介護職員となる道があり、この業界にかなりの数の「中年童貞」が流れ込んでいることを教えてくれます。

    女性なら、風俗業界、
    男性なら、介護職、
    これがいまの日本の社会の底辺を支えるセーフティネットになっています。

    気になったところを箇条書きに。

    東京都主催のアスリートを招いたチャレンジプロジェクトというイベントに行ってきた。都庁の職員の監視のもとで、アスリートはひたすら、「夢、あきらめない」みたいな美辞麗句をいっていて、本当にポエム一色でびっくりした。何をしたらオリンピックで勝てるとかの具体的な話は一切なし。本当にあきれた。



    ポエム(笑)
    いまの教育現場は、ポエムが横行していて、頑張れば成功できる、あきらめなければ夢はかなうという美辞麗句ばかりが飛び交っているようです。
    現実には、人間には能力の差があって、努力しても上にあがれないひとはたくさんいます。こういう現実をあからさまに言ってしまうと、叩かれてしまうので、誰もいいません。橘玲氏の言ってはいけないが参考になります。

    高校の先生たちは、社会的に非常にレベルの低い人達



    その通りです(笑)
    大学を出て、社会を経験せずに赴任してきた人たちですので、コミュ障のひとが多いのです。僕も高校生の時に、教師のレベル(社会人としての)が低いことはなんとなく分かっていました。
    そんな彼らが、生徒に社会人になるための進路指導をするわけですから、うまくいくはずがありません。


    「意識高い系」はなんとかしないとやばいよ。(中略)「夢、絆、仲間」といったことを若者に叫ばせる。目的は洗脳だから、大声を出す若者たちは頭がお花畑を超えちゃうわけ。「社会貢献をしたい」「誰かと繋がりたい」といった意識高い系が増えすぎた。



    こうやって、洗脳された若者がブラック企業に誘導されて、目をキラキラさせて働くようです。
    Fラン大学で教育を受け、奨学金をもらい、やっと卒業して就職した先がブラック企業。
    労働で体力を搾取されて、薄給で奨学金も返せずに、疲弊していく若者が急増しているそうです。
    ある意味、Fラン大学という「詐欺組織」による集団的な洗脳と搾取と言えそうです。いまの日本にはこういう若者が増えています。

    「中年童貞」
    定義は、30歳以上で風俗の経験もない「性交経験なし」の真性童貞のこと。
    30-34歳の未婚男性の26%が真性童貞で、35歳をすぎるとほとんどが生涯童貞。
    低学歴
    成功体験がない
    仕事ができない
    外見のスペックが低い
    友達が居なくて人間関係がない
    攻撃的でプライドが高い
    徹底した自己中心
    性格が悪い
    いじめ好き
    コミュ障



    中年童貞という言葉をはじめて聞きました。
    確かにこういった性格を持った人たち、中年が増えているのかもしれません。こういった人たちがいま、介護の現場にどんどん流れているようで、介護職員の質は低下していると聞きます。高い離職率も、そのせいかもしれません。
    中年童貞は攻撃的なので、職場では立場の弱いひと、後輩などをひどくいじめるようです。そのくせ、女性と接したことがありませんから、女性に対しても卑劣な態度で接してしまう。積極的にやることは半径5メートルくらいのなかでのいじめ(笑)
    中年童貞被害が多発しているようです。


    悪徳経営層の顔ぶれを見ていると、たぶんとんでもないブラック労働をさせる。「夢、やりがい、社会貢献」の三点セットの嘘で洗脳して、外国人でも連れてくるでしょう。



    経営層の視点からみると、中年童貞の層は安く使える労働力なので、「夢、やりがい、社会貢献」で洗脳して、どんどん使い捨てるというサイクルに入っているようです。
    こういう使い捨てができる企業は、皮肉なことに売上がよく、経費がかかっていないので、大きな利益が見込めるのです。
    株式投資家としては、そういった企業に投資して、一時的には利益を得ることができると思います。不謹慎極まりないですが(笑)

    昔の炭鉱労働者といまの介護職員を比較すると、(中略)
    昔の労働者の街にはストレスを発散できる繁華街があったし、炭鉱労働者はそれなりに高給取りだった。労働組合もちゃんとしていた。いまの介護職員は、低賃金、未婚、恋人なし、友達なしだから何もできない。



    介護の現場では、これほどまでの搾取が横行しており、今後も解決策はなさそうです。
    賃金をあげればなんとかなるという問題ではなくて、、、この先には本当に地獄しか残っていないようです(笑)

    2人の対談は、歯に衣着せぬものいいで、現代日本の貧困層とその問題を指摘してくれます。
    今後も貧困問題は、どんどん深くなっていくでしょうし、それに対する具体的な処方箋は無いようです。
    奨学金をもらってFラン大学に進学した若者たちに、ゆとり、借金、Fランのトリプルパンチが浴びせられて、今後おおいに 被害者がでてきそうです。

    現実を直視するために、非常に参考になる本でした。
    スポンサーサイト

    « 5月の優待クロス取引 2017年|Top|最貧困女子 鈴木大介 »

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kabushiki.blog32.fc2.com/tb.php/2588-ff7f0859

    Top

    HOME

    ss

    管理人: ss
    住所:広島県
    年齢:30歳代
    投資:buy & hold 株主優待
    趣味:サッカー(サンフレッチェ広島)、お笑い、映画、読書、マラソン
    職業:内科医

    Twitter:
    https://twitter.com/kabushi_ss

    Mail to:
    kabushiki_ss@yahoo.co.jp

    株ブログ 株主優待へ
    病気ブログ 医者・医師へ

    月別アーカイブ