カブシキ!

  • 2016/07/21(木)
  • 夢幻花 東野圭吾

    夢幻花

    東野圭吾です。

    「こんなに時間をかけ、考えた作品は他にない――」by東野圭吾
    花を愛でながら余生を送っていた老人・秋山周治が殺された。遺体の第一発見者である孫娘・梨乃は、祖父の庭から消えた黄色い花の鉢植えが気になり、ブログにアップする。
    それを見て身分を隠して近づいてきたのが、警察庁に勤務するエリート・蒲生要介。ふとしたことから、その弟で大学院生の蒼太と知り合いになった梨乃は、二人で事件の真相解明に乗り出す。一方、西荻窪署の刑事・早瀬も、別の思いを胸に事件を追っていた……。


    こんなに時間をかけて考えた作品は他にない、と東野圭吾自身が言うように、非常によく出来たストーリーです。
    とてもよい読後感でした。

    犯人はとても意外な人物で、WHO DONE ITとしても非常に完成度が高いと思いましたし、犯行に至る経緯に黄色いアサガオが絡んでおり、最後にすべての謎が明らかになる感はとてもよいものでした。
    ミステリーの要素たくさん、SFの要素もあり、内容とてもよかったです。

    登場人物たちのキャラクタ設定もしっかりしており、
    「これはドラマ化されるな!」と思わせる作品でした。

    久しぶりの東野圭吾でしたが、とても楽しくよめました。
    スポンサーサイト

    « 7月の優待クロス 2016年|Top|サンリオの優待到着 2016年3月 »

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kabushiki.blog32.fc2.com/tb.php/2464-aa71bbea

    Top

    HOME

    ss

    管理人: ss
    住所:広島県
    年齢:30歳代
    投資:buy & hold 株主優待
    趣味:サッカー(サンフレッチェ広島)、お笑い、映画、読書、マラソン
    職業:内科医

    Twitter:
    https://twitter.com/kabushi_ss

    Mail to:
    kabushiki_ss@yahoo.co.jp

    株ブログ 株主優待へ
    病気ブログ 医者・医師へ

    月別アーカイブ