カブシキ!

  • 2015/04/28(火)
  • マリアビートル 伊坂幸太郎

    マリアビートル伊坂幸太郎.

    伊坂幸太郎です。

    幼い息子の仇討ちを企てる、酒びたりの元殺し屋「木村」。優等生面の裏に悪魔のような心を隠し持つ中学生「王子」。闇社会の大物から密命を受けた、腕利き二人組「蜜柑」と「檸檬」。とにかく運が悪く、気弱な殺し屋「天道虫」。疾走する東北新幹線の車内で、狙う者と狙われる者が交錯する――。小説は、ついにここまでやってきた。映画やマンガ、あらゆるジャンルのエンターテイメントを追い抜く、娯楽小説の到達点!

    グラスホッパーの続編として書かれた作品です。
    しかし、わたしはグラスホッパーの内容を完全にわすれていたのですが、この作品は単独としても楽しめます。

    グラスホッパーを読んだのが、2008年でしたから、実に7年のブランクがあるわけです。

    北へ向かう、東北新幹線の中で事件が起きます。
    「木村」「王子」「蜜柑」と「檸檬」「天道虫」。この登場人物たちのそれぞれの視点から、物語は時系列に進んでいきます。

    それぞれが別の目的で東北新幹線に乗り込んでいるのですが、この人物たちが接触し、最後には何人かだけ生き残るという残忍な物語です。
    しかし、伊坂幸太郎独特の書き口、登場人物たちの性格の脳天気さから、楽観的な物語としてスラスラ読める作品になっています。


    なかでも「王子」と呼ばれる人物の残忍さは、他の登場人物の群を抜いています。
    中学生という設定ですが、知能は大人以上で、冷徹で残忍に、周りの人たちを痛めつけていきます。「木村」の息子を病院送りにし、その病院にも監視役をつけて、徹底的に「木村」を追い込むのです。

    「蜜柑」と「檸檬」は愛すべきキャラクターです。
    外見は、怖い殺し屋ですが、内面には繊細な部分が多く、その描写に多くのページが割かれます。特に「檸檬」は機関車トーマス好きという設定で、終始機関車トーマスの話をしています。そして、相棒である「蜜柑」にトーマスシールを使って、メッセージを残す場面にはグッと来ました。

    「天道虫」は、ものすごく不運であるという設定ですが、目の前に起こる不運の連続を自分の能力で乗り越えて行く姿がすごく格好良く描かれています。
    最終的には、この「天道虫」が勝ち組になるのです。


    伊坂幸太郎らしく、いろいろな伏線が散りばめられていて、それらが見事に回収されていくさまは痛快です。
    しかし、最後にはあの人物が事件を解決してしまうとは、、、大どんでん返しもあり、非常に内容の濃い作品だと思いました。

    さすが伊坂幸太郎です。
    スポンサーサイト

    « 4月のサマリ 2015年|Top|4月の優待クロス 2015年 »

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kabushiki.blog32.fc2.com/tb.php/2254-98d7110d

    Top

    HOME

    ss

    管理人: ss
    住所:広島県
    年齢:30歳代
    投資:buy & hold 株主優待
    趣味:サッカー(サンフレッチェ広島)、お笑い、映画、読書、マラソン
    職業:内科医

    Twitter:
    https://twitter.com/kabushi_ss

    Mail to:
    kabushiki_ss@yahoo.co.jp

    株ブログ 株主優待へ
    病気ブログ 医者・医師へ

    月別アーカイブ