カブシキ!

  • 2014/08/05(火)
  • 孤独のグルメ 久住 昌之 (著), 谷口 ジロー (作画)

    孤高のグルメ表紙

    個人で輸入雑貨商を営む主人公が一人で食事をするシチュエーションを淡々と描くハードボイルド・グルメマンガ。'94~'96年に月刊誌『パンジャ』(現在は休刊)に連載され、'97年に単行本化、'00年に文庫化。ジワジワと売れ続け、累計10万部を突破したロング&ベストセラーが新装版として登場しました。(Amazonより)

    漫画です。
    主人公の井之頭五郎が、ただただ、淡々と飯を食べるというだけの漫画です。

    傍サイトで紹介されていたのと、LINEのスタンプに異彩を放つ「孤高のグルメスタンプ」があったので、とても気になり読んでみました。電子書籍で購入。

    「この漫画は正解だった」というのが感想です。
    タイトルに、グルメとありますが、出てくる店、料理はお世辞にもグルメとはいえないような、B級もしくはC級の食事ばかりです。
    下町の定食屋に入り、豚肉炒め+豚汁を食べて、
    このお新香は正解だった

    豚肉炒め+豚汁の、ぶたづくしを食べたあとに、このお新香は正解だったと宣う主人公、井之頭五郎。
    ハードボイルドさが突き抜けています。
    そして、なんのオチもなく、主人公が食事を食べたらその回は終わりという斬新さ。

    回の初めはいつも主人公がお腹を空かせた場面から始まります。
    それにしても腹が減った。
    腹が減って死にそうなんだ

    そして、食事をする店をさがして、誰にも邪魔されずに飯を食べる。
    食べる店はB級もしくはそれ以下の店で、ある回では、「神宮球場のウインナーカレー」というのも出てきます。どこがグルメやねん。

    腹の中がキレイにすっからかんだ


    とにかくいつも腹を空かしている主人公。
    孤独で、ハードボイルドな漫画ですが、決してグルメではないのでご注意ください。
    気分転換に読むには調度良い漫画です。

    それにしても腹が減ったな
    スポンサーサイト

    « 2014/08/08 やっときた豪ドル安|Top|2014年8月に売った銘柄 »

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kabushiki.blog32.fc2.com/tb.php/2113-83eb6231

    Top

    HOME

    ss

    管理人: ss
    住所:広島県
    年齢:30歳代
    投資:buy & hold 株主優待
    趣味:サッカー(サンフレッチェ広島)、お笑い、映画、読書、マラソン
    職業:内科医

    Twitter:
    https://twitter.com/kabushi_ss

    Mail to:
    kabushiki_ss@yahoo.co.jp

    株ブログ 株主優待へ
    病気ブログ 医者・医師へ

    月別アーカイブ