カブシキ!

  • 2013/10/29(火)
  • 『Dr.コトー診療所』は儲からない

    Dr.コトー診療所


    『Dr.コトー診療所』は、沖縄の八重山列島にあるとされる架空の島、志木那島(しきなじま)を舞台とする医療ドラマだ。
    離島での過酷な医療状況を世間に知らしめ、美しい南の島から心温まる感動の物語を届け、原作も売れ、ドラマも大ヒットした。

    この物語のモデルは実在し、鹿児島県にある下甑島(現薩摩川内市)にある下甑手打診療所にて、30年間離島医療に携わってきた瀬戸上健二郎医師であると言われている。


    離島に診療所を開き、島民のために生活を捧げるというのは、崇高な理念と自己犠牲がないとやっていけない。

    先日、東北地方のある離島に初めての診療所を開設し、ひとりで離島診療をしている医師(A氏)とお話する機会を得た。氏は40歳代で、まだ若々しさの残るスポーツマンだ。学生時代は関東の大学医学部に通い、ラグビーで体を鍛えていたという。卒業後は関東の病院で麻酔や救急の仕事をしていた。
    40歳を過ぎた頃に、長年の夢であった離島の医療を開始すべく、縁もゆかりもないある離島に診療所を開設した。奥さんと子供は関東に残し、単身赴任で離島に来たという。看護師一名を雇い、離島での診療所は島民から大いに感謝された。

    この話が美しく見えるのは、やはり島民が氏の手をとって感謝している図が浮かぶからであろう。実際に開業当初、氏は島民から感謝され、「よくぞ来てくれた。」と歓迎されたそうだ。いままで病院に通うには船で本土まで行かねばならなかったのに対して、島の中で診療が完結することは島民からとても有難がられた。また、島の中に医師が居るというだけで、島民には安心が得られた。

    しかし、離島での診療には限界があり、離島で処置できないような重大な病気や、急患は本土の病院に紹介することになる。本土の病院に紹介するためには、本土の病院と絶えず交流しておかないといけない。医師の世界でも「コネクション」は必要なのだ。A氏はその地域の医師会に所属することにした。医師会のトップに挨拶し、医師会に所属したい旨を伝えたところ、「開業医は入会金が○百万ね」と言われたそうだ。開業資金に財産を使い果たしたA氏に○百万を払えるはずもなく、A氏は入会金をツケにしてもらって医師会に入った。これでなんとか本土の病院とのコネクションもできた。

    理想の医療を行ってるA氏だが、離島医療の問題点は「儲からない」ということだと言う。一日外来を数十人診て、午後から往診に行っても、看護師の給料を払うのがやっとでとても家族を養って行くだけの儲けは出ないという。仕方がないので奥さんに働いてもらい、関東に残してきた家族は奥さんの収入でなんとか食い繋いでいるという。自分の給料はまだ出ないそうだ。医師会へのツケも払えそうにない。この先理想の医療を追いかけ続けても、収入が増える見込みはないとのことだ。


    人間は夢や理想だけを追って生きていけない。医者だってそうだ。今日の食事を賄うためのお金が必要だし、家族を養うにもお金がかかる。
    離島の医療を助けたいという崇高な理念よりも、人間にとってお金は大切なものなのだ。

    医は仁術なりといい、医療をお金と結びつけることを毛嫌いするひとも多い。
    しかし、お金について語ること無く医療はできない。医には算術も必要だ。このことに目を背けて、医療の発展だけを求めても未来はない。
    スポンサーサイト

    « 10月末の優待権利取得 2013年|Top|丸三証券の優待到着 初取得 »

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kabushiki.blog32.fc2.com/tb.php/1936-5698c6d5

    Top

    HOME

    ss

    管理人: ss
    住所:広島県
    年齢:30歳代
    投資:buy & hold 株主優待
    趣味:サッカー(サンフレッチェ広島)、お笑い、映画、読書、マラソン
    職業:内科医

    Twitter:
    https://twitter.com/kabushi_ss

    Mail to:
    kabushiki_ss@yahoo.co.jp

    株ブログ 株主優待へ
    病気ブログ 医者・医師へ

    月別アーカイブ