カブシキ!

  • 2013/06/11(火)
  • 【自分用】NISA(日本版少額投資非課税制度 Individual Savings Account)について勉強する。

    資産運用に関する税金が2014年から大きく変わります。
    2013年現在、資産運用から得られる利益には10.147%の税金がかかっています。

    この税金が、2014年からは20.315%に税率UPします。

    実質はただの増税なのですが、ひとつの救済措置が用意されていました。

    これが、少額投資非課税制度(Individual Savings Account)です。
    日本版ISAと言い、愛称は「NISA」になるようです。
    2014年からNISAの税率


    このエントリーでは、NISAの使い方について考察します。

    NISAの利用条件は、

    1.毎年100万円まで利用できる。

    2.非課税対象は上場株式や投資信託

    3.非課税期間は5年後まで

    4.利用できる金融機関は1つだけ
     → わたしは複数の金融機関に証券口座を解説していますが、NISAの口座を持てるのは一つの証券会社に限られるようです。
    わたしの分と、家内の分で2つのNISAを用意しようと思っています。

    5.利用できるのは20歳以上に限られます。
     → わたしは子供の名義でも口座を持っています。しかし、子供の名義ではNISAの口座は開設できないようです。


    損益通算は対象外

    損益通算は対象外です。
    あくまで、利益が出た時に課税額が0になるということで、損失が出た時にはなんのメリットも無いようです。


    そして、一番理解しづらいのが、ココ。

    個別の元本らくてんしょ
    (楽天証券のHPより)

    う~ん。
    理解しづらいけど。。。
    2014年に作ったポジションは、5年後の2019年にも引き継げるってことですか。。

    なるほど。

    今後、非課税になる口座の総額が少しずつ増えていくってことですね。

    なんとなく理解できました。



    2013/06/11
    わたしの分と、家内の分 2つのNISA口座の開設をはじめました。



    参考 山崎元氏のNISA考察



    ↓楽天証券のHPより
    NISA楽天証券の
    スポンサーサイト

    « ドトール日レスホールディングスの優待到着 2013年|Top|ユニカフェの太っ腹優待 2013年 »

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kabushiki.blog32.fc2.com/tb.php/1862-342c11c5

    Top

    HOME

    ss

    管理人: ss
    住所:広島県
    年齢:30歳代
    投資:buy & hold 株主優待
    趣味:サッカー(サンフレッチェ広島)、お笑い、映画、読書、マラソン
    職業:内科医

    Twitter:
    https://twitter.com/kabushi_ss

    Mail to:
    kabushiki_ss@yahoo.co.jp

    株ブログ 株主優待へ
    病気ブログ 医者・医師へ

    月別アーカイブ