カブシキ!

  • 2011/03/19(土)
  • 1ドル77円台。2011年3月17日から18日にかけてのUSD/JPYの動き。記録用。

    東日本大震災から6日目の3月17日木曜日。
    USD/JPYは歴史的な動きをみせました。
    震災から復興のため、JPYが必要となった日本が世界から資金を引き上げ、生命保険各社も保険金の支払いのためにJPYを用意したとの説明で、以下のグラフのような動きを見せました。

    これを見越した世界の投資家たちが円を買い、円高に加速がかかります。ついに戦後最高値の1ドル77円台を記録します。


    明けて18日金曜日。ロイターの記事より。

     [東京/ニューヨーク 18日 ロイター] 7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)が円高阻止に向けた協調介入で合意したことを受け、主要中央銀行は18日、円売り介入を実施した。
     G7が協調介入を実施したのは、誕生したばかりのユーロ支援に回った2000年以来。
     日銀は大規模な円売り・ドル買い介入を実施。ドルは17日につけた過去最安値の1ドル=76.25円から、一時81.98円まで急反発した。その後は81円を下回る水準まで押し戻されているが、心理的に重要な節目とされる80円の水準は上回って推移しており、協調介入が一定の効果を上げたことが示された格好となった。

     トレーダーによると、日銀だけで推計250億ドル以上のドル買い介入を行った。関係筋がロイターに対し明らかにしたところによると、日銀はドル買い介入で市場に供給した円を吸収せず、不胎化しない方針。



    個人的は政府の為替への介入には反対ですが、こういう状況では致し方ないのでしょうか。

    3月17日から18日にかけてのUSD/JPYの動きを記録しておきます。


    3月17日から18日にかけての為替への動き



    その後、また円高方向に動きます。
    果たして為替介入は必要なのでしょうか。
    ミルトン・フリードマンが生きていたら、彼の意見を聞いてみたいところです。
    スポンサーサイト

    « 利己的な遺伝子 リチャード・ドーキンス|Top|HSBC香港 BOOM証券への資金移動 bill paymentのLimit解除完了。 »

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kabushiki.blog32.fc2.com/tb.php/1343-b0e5caaa

    Top

    HOME

    ss

    管理人: ss
    住所:広島県
    年齢:30歳代
    投資:buy & hold 株主優待
    趣味:サッカー(サンフレッチェ広島)、お笑い、映画、読書、マラソン
    職業:内科医

    Twitter:
    https://twitter.com/kabushi_ss

    Mail to:
    kabushiki_ss@yahoo.co.jp

    株ブログ 株主優待へ
    病気ブログ 医者・医師へ

    月別アーカイブ