カブシキ!

  • 2010/08/17(火)
  • プリズム 貫井徳郎 (ネタバレあり)

    プリズム貫井徳郎

    小学校の女性教師が自宅で死体となって発見された。傍らには彼女の命を奪ったアンティーク時計が。事故の線も考えられたが、状況は殺人を物語っていた。ガラス切りを使って外された窓の鍵、睡眠薬が混入された箱詰めのチョコレート。彼女の同僚が容疑者として浮かび上がり、事件は容易に解決を迎えるかと思われたが…『慟哭』の作者が本格ミステリの極限に挑んだ衝撃の問題作

    貫井徳郎にハマッテしまい、気がついたら、貫井徳郎を大人買い。
    家に貫井徳郎が8冊あります。

    今回読んだ「プリズム」は新しいタイプのミステリーです。
    この小説には、結末が存在しません。10の推理が披露され、「さあ、あとは読者で考えて。」といったタイプの小説です。
    なんとも後味が悪いですが、そこが貫井徳郎の意図でもあるような気がします。

    4章からなりますが、各章ともに、一人称が変わります。その一人の視点から見た被害者山浦美津子の人物像も各章ごとに変わります。
    そして、前の章で重要な容疑者となっていた人が、次の章では一人称の語り手となり、全く違う推理を展開していきます。

    人物ごとに語る角度が違い、それぞれが違う結論に辿り着きます。その4人すべてを見渡せるのは、読者だけです。

    いろいろな角度に反射するプリズムを、読者は自分だけの視点でとらえなければなりません。
    そういう意味で、新しいタイプのミステリーだと思いました。

    ちなみに、僕が達した結論は、山名が犯人だという結論です。
    南條を犯人に仕立て上げるために、周到な準備をして、山浦を殺害したという結論です。小学生が殺人をおかすという乱暴な結論ですが、考えてみるとこの推理しか妥当性をもたないような気がします。。。
    スポンサーサイト

    « 英文での残高証明書 新生銀行 到着。(HSBC 香港に口座開設)|Top|慟哭(ネタバレあり、注意) 貫井徳郎 »

    コメント

    ssさん

    はじめましてこんばんは。
    コメントありがとうございます。

    やっぱり騙されていたようですね(悲)
    何となくそうかなとは思っていたのですが
    値段的にも安価だったので・・・つい

    お医者さんから言われると説得力
    ありますね。今さらですが買う前に
    記事にすればよかったです。

    ご指摘ありがとうございました。
    こちらこそこれからもよろしくお願い致します。

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kabushiki.blog32.fc2.com/tb.php/1079-3f4ddce1

    Top

    HOME

    ss

    管理人: ss
    住所:広島県
    年齢:50歳代
    投資:buy & hold 株主優待
    趣味:サッカー(サンフレッチェ広島)、お笑い、映画、読書、マラソン
    職業:内科医

    Twitter:
    https://twitter.com/kabushi_ss

    Mail to:
    kabushiki_ss@yahoo.co.jp

    株ブログ 株主優待へ
    病気ブログ 医者・医師へ

    月別アーカイブ