カブシキ!

  • 2017/02/24(金)
  • 人を操る禁断の文章術 メンタリストDaiGo

    メンタリストダイゴ 人を操る禁断の文章

    本書では、メンタリズムの得意とする
    「人心掌握」「大衆煽動」のエッセンスを文章に応用し、
    読み手の心を自在に操る「メンタリズム文章術」を大公開。

    その文章術の軸となるのは、
    「読み手の見たい現実を見せてあげる」という、
    相手の心理を先回りした「想像力を刺激する」書き方のテクニックである。(Amazonより)



    メールや、報告書を書くときに、相手の(読み手の)気持ちになって、相手の想像力を刺激して、掻き立てるような文章を描くための本です。
    流行しているメンタリストとしてのDaigo氏のテクニックが紹介されています。

    読んでの印象は、以前に紹介した、コールドリーディングの本に似ているところが多い印象でした。
    とにかく、相手の気持ちになって、相手がなにを考えているか、何を言えば喜ぶか、をつねに考えて、話すことがコールドリーディングですし、書くことがこの本の趣旨です。

    付箋をしたところを箇条書きに。


    ・ 相手の想像力を使って、最も激しく心を動かす事ができる方法、メンタリズム文章術



    文章によって、相手が反応し、本気になって行動してくれるようになれば、仕事もプライベートもたいていのことを好転する。
    相手の興味を探り、心に刺さる言葉を投げかけることが大切です。

    1. あれもこれも書きすぎない。
    2. きれいな文章を書こうとしない。
    3. 自分が書きたいことを書かない。



    とくに、3つ目の「自分が書きたいことを書かない。」が大切で、自分の頭のなかに答えはないのです。
    書く前の準備として、相手の読みたい内容、求めている言葉を探る。それを提示できれば、相手は動いてくれます。
    ということは、答えは相手の頭のなかにあり、それを探る作業が一番大切だということになります。

    1.のあれもこれも書かないというのは、設定するゴールをひとつに絞って、ワンメッセージワンアウトカムの原則に従うことです。
    結局、人の心を動かすエンジンは相手のなかにあり、そのスイッチを押すことができるかどうかなので、ワンメッセージで、ガツンとスイッチを押してやることが大切になりそうです。

    2.は、きれいな文章を書きすぎてしまうと、相手もきれいな文章を返そうとするので、相手の感情のスイッチを押すことができませんということです。だから、こちらからもくだけた文章を送ることで、相手の感情のスイッチを押せる可能性が上がるのです。
    人は論理ではなく、感情で動くのです。(とくに女性は)

    信頼される人は本音と建前を上手に使う



    ホンネとタテマエ、は上手に使うべきです。ポイントは相手の本音を推測し、建前を取り払って認めることです。
    ホンネとタテマエの間で動いている相手の感情を類推し、よくわかりますと共感すれば、信頼できる、いい人になれます。
    相手の建前を認めながら、その奥にある本音に寄り添っていくと、「この気持をわかてくれるのか!」と共感が広がっていきます。

    キーワードは、「普通の人だったら」



    ホンネとタテマエを認めてあげる作業のなかで、文中に、普通の人だったらできない大変なことだと思います。でも、、、
    と言われると人間はだれでも「そうそうそう」とうなずいてくれるはずです。

    人の悩みや、健康、仕事、人間関係、お金
    の4つに集約される。



    これに、
    相手の年齢がわかれば、だいたい悩みはわかります。お金に関することなら、
    10代だったら、小遣い、バイト
    20代だったら、自己投資、貯金、
    30代だったら、マイホーム、借金
    40代だったら、教育費、借金

    人間関係に関することなら、
    10代だったら、恋人
    20代だったら、仕事の人間関係、結婚相手
    30代だったら、仕事、子供、
    40代だったら、仕事、子供

    のことでしょう。コールドリーディングの本にも書いて会った内容と同じです。

    わたしはあなたのこんなところがすごいと思っていますと、具体的な箇所を挙げて褒めてあげると効果的



    相手の承認欲求を満たしてあげるようなフレーズ、こんなの初めて!とか、あなたのおかげで、◯◯できました!のフレーズを入れると効果的。



    ◯◯さんだから、話すんですが、、




    「先ほどから会場の気温が3度上がっています!」



    人前ではなすときは、最初のワンフレーズがとても大切です。会場を味方に付けてしまいましょう。最初はポジティブに!
    初対面のひとの印象は最初の7秒で決まり、その後 半年間継続します。

    ツァイガルニク効果



    人間は達成した課題よりも、達成されなかったことや中断されていることをよく覚えているという効果です。
    まだ続きがある!と思わせることで、相手の感心を高めることができます。
    追伸、を効果的に使うことで、興味をどんどん引き込んでいくことができます。


    ということで、追伸の部分に核心を仕込んでおくで効果的な文章を書くことができるようです。


    などなど、メッセージのやりとり、メールの書き方でつかえそうなテクニックが満載でした。
    参考になります。
    スポンサーサイト

  • 2017/02/07(火)
  • ダブルマリッジ The Double Marriage 橘玲

    重婚er200w

    大手商社のエリート社員、桂木憲一は、妻、大学生の娘と幸せな家庭を築いていた。が、パスポート更新のために、戸籍謄本を取り寄せたことから、生活が暗転しはじめる。なんと、最新の謄本には、「婚姻」欄に、妻の里美と並んで、マリア・ロペスというフィリピン人女性の名が書かれていたのだ。
    実は憲一は20年ほど前、マニラ赴任中に、このマリアと結婚式を挙げながら、一人で帰国したままになっていたのだった。役所に確認すると、そのマリアから、フィリピンの婚姻証明書が送られてきたため、憲一の戸籍に名前が入ったのだという。しかし、日本では重婚は認められていないはずではないか?
    役所に問い合わせると、「刑法には重婚罪がありますが、民法上は、当事者からの請求がないかぎり、行政が重婚を解消する手続きは、定められていないのです」という意外な答えが返ってきた(警察が刑事罰として動くことも事実上ない)。
    さらに数日後、憲一の自宅に、一通の封書が届く。中を確認した妻は悲鳴をあげた。
    送られてきたのは新たな戸籍謄本で、そこには「長男」として「ケン」という名が書かれていた。
    それにしてもマリアはなぜ、今になってこのような行動に出たのか――。
    事実に基づく驚天動地のストーリー。



    橘玲の新作。
    小説です。

    永遠の旅行者」、「マネー・ロンダリング」、「タックスヘイブン
    につづく、国際金融をテーマにした小説です。

    今回は、フィリピンと日本の「重婚」がテーマになっています。

    今回は「戸籍」を扱った作品です。いつものように、金融取引や節税、脱税のスキームが散りばめられた作品とは一線を画しているようです。
    期待して読んだ分、ちょっと裏切られた感じがしました。

    主人公の憲一、ロペスマリア、娘のマリ、それぞれの行動、生き方に、疑問ののこる結果になりました。

    憲一は聡明で、うまく立ち回れるキャラクタという設定なのに、、、
    なぜフィリピンで結婚届を提出してしまったのか。
    部下に裏切られてしまう描写は必要だったのか。
    フィリピンで出会った女性とまた同じように恋に落ちてしまい、大金を払う羽目になる。
    → あまりにも聡明とはかけ離れてしまって、興ざめだった。

    ロペスマリアは美人で、頭の良い女性という設定なのに、、、
    憲一と別れたあとは結局は風俗に身を置くことになっている。
    最終的にスラムに住んでいる。
    →もう少し良い人生を歩んでいる結果でも良かったのではないか。

    娘のマリは、人形のような美人で、モデルの仕事をしているのに、、、
    なぜケンにあれほどまでもこだわるのか、説明できない。
    相談に乗ってくれたテルが、結局そのまま放置される。回収されずに終わってしまう。
    モデルのような格好で、フィリピンのスラム街を歩くのは非現実的。
    →モデルである必要はなかったのではないか


    もう少しストーリーはキャラクタを練ってから書いても良かったのかなと、、
    思わせる作品でした。

  • 2017/01/26(木)
  • 筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法

    筋トレ最強のソリューション

    ウダウダ言わずに筋トレやれって内容。
    クソしょうもないないけど、なぜか買ってしまいました(笑)

    世の中の99%の問題は筋トレとプロテインで解決します。本当です―。尋常じゃない熱量で筋トレ愛を叫び、Twitterフォロワー3万人を突破した怪アカウントがついに書籍化!
    メンタルがボロボロ…仕事がうまくいかない…痩せない…モテない…人生のほとんどの悩みは筋トレで解決します! 筋トレがもたらす気分高揚効果と成功体験の積み重ねは必ずあなたの人生を変えていきます。


    とりあえず、悩むヒマがあったら筋トレして体鍛えて、頭をすっきりさせて、女にもてて、仕事して、
    って内容です。
    この世の悩みの99%は筋トレとプロテインで解決です。

    ためになった箇所を抜き出します。

    Screenshot_2017-01-26-14-36-11

    自分のことを好きになれるか、誇りに思えるか、常に考えて行動しないといけませんね。
    自分のことを好きになるには、理想の自分に近づけるように日々の努力を怠らないことが大切です。


    Screenshot_2017-01-26-14-37-42

    人の悪口を言わない、負の感情を表に出さない。
    このあたりが自分に不足していることだと思います。日々、気をつけて徐々に好転していくようにならないといけませんね。


    Screenshot_2017-01-26-14-38-54

    親切と筋トレは心を浄化する(笑)
    いつだって、人に親切にしないといけません。自分のことを好きになれるように、他人に親切にする。他人の心を通して、本当の自分の姿を見ることができるのです。


    Screenshot_2017-01-26-14-44-

    ついつい、悪口や愚痴は言ってしまいます。
    仕事のあとにお酒を飲みながら、他人の悪口や愚痴を言ってストレス発散をするのが、一般的ですが、マッチョ社長は「黙って筋トレ」の一択です(笑)

    Screenshot_2017-01-26-14-49-11

    マラソンを始めた当初は10キロ走るのがやっとでしたが、いまでは10キロなんてウォームアップです。
    10キロは当たり前になり、そして、42キロを走り抜ける身体ができました。
    殆どの物事はこれに当てはまります。高い壁なんて、慣れてしまうことが一番なんです。
    マインドの問題です。


    Screenshot_2017-01-26-14-40-03.


    筋トレもダイエットも、ファッションもすべて自分を好きになるための行動です。
    他人の評価ではなく、自分で自分のことを好きになれるか。この一点に集中して、自分の行動を規定していけばよいのです。

    Screenshot_2017-01-26-14-41-3

    飲み会に参加することは随分と減りましたが、自宅でひとりで飲むことが多くなりました。
    良いことではないですが、、
    酒を減らして、筋トレを増やす。ダンベルは裏切らない(笑)

  • 2017/01/26(木)
  • 首折り男のための協奏曲 伊坂幸太郎

    首折り男のための協奏曲


    被害者は一瞬で首を捻られ、殺された。殺し屋の名は、首折り男。テレビ番組の報道を見て、隣人の“彼”が犯人ではないか、と疑う老夫婦。いじめに遭う高校生は“彼”に助けられ、幹事が欠席した合コンの席では首折り殺人が話題に上る。一方で、泥棒・黒澤は恋路の調査に盗みの依頼と大忙し。二人の男を軸に物語は絡み、繋がり、やがて驚きへと至る!伊坂幸太郎の神髄、ここにあり。

    久しぶりの伊坂幸太郎です。
    短編です。

    首折り男が、各短編に出てきますが、それらが有機的につながっているわけではなく、ただ単に登場するというだけです。
    各短編に、つながりはありません。
    重度に期待して読んでしまうと、がっかりかもしれません。

    首折り男の周辺

    濡れ衣の話

    僕の舟

    人間らしく

    月曜日から逃げろ

    相談役の話

    合コンの話

    の7つの短編からなります。

    わたしの好きな黒澤も登場します。
    好きな短編は、黒澤が活躍する、「月曜日から逃げろ」です。
    いつも冷静な黒澤がなぜか、他人に騙されて強請られる話です。しかし、そこは黒澤。やっぱり勝ってしまいます。

    チャップリン好きな黒澤。好感度がアップしました。

    もう少し早く読んでおけば良かったと思える作品でした。

  • 2017/01/08(日)
  • 修羅の終わり 貫井徳郎 ネタバレあり

    修羅の終わり

    久しぶりの貫井徳郎です。

    「あなたは前世で私の恋人だったの」。謎の少女・小織の一言を手がかりに、失った記憶を探し始める。自分は一体何者だ?姉はなぜ死んだ?レイプを繰り返す警官・鷲尾、秘密結社“夜叉の爪”を追う公安刑事・久我、記憶喪失の〈僕〉が、錯綜しながら驚愕のクライマックスへと登りつめる、若き俊英の傑作本格ミステリー。

    文庫本で800P もある作品ですが、、
    かなりの駄作でした。読まなことをオススメします。

    本作品では、3つのストーリーが交互に展開していきます。

    第一は、スパイ活動をする公安刑事
    第二は、強姦を繰り返す元警察官
    第三は、記憶をなくした青年

    この3つの視点から、物語が展開されます。
    しかしこのうちひとつは全く関係ないストーリーなのです。どのストーリーとどのストーリーが絡み合っていくのか、どこで交差するのかを楽しみに読みましたが、、

    いろいろと敷かれている伏線が回収されずに終るという、、圧倒的な消化不良!

    結果的には、第一の公安刑事に恨みを持った第三の青年が公安刑事を殺害するという結末です。
    で、そこがそう繋がったのか!!とはならずに、疑問だけが残り、さらには「第二のストーリー」はなんだったのか??という残念な読後感が、そこにありました。

    もしかしたら、第三のストーリーに出てくる真木(青年)が、第二のストーリーにでてくる白木なのかもしれません。
    しかし、この事実は伝えられずに明確な描写もなく終わってしまいます。

    交番に爆弾が投げ込まれる事件や、犯罪組織の夜叉の爪、元警察官が追っていた売春組織、どれも投げっぱなしで、正体がわからぬまま終わってしまいます。これも消化不良。

    読書に時間だけ消費してしまって、残念な結果に終わりました。。

  • 2016/12/30(金)
  • ウケる技術 水野敬也 小林昌平 山本周嗣

    ウケる技術ド


    相手を笑わせること。それはビジネスや恋愛を成功に導く非常に重要な戦術です。「自分は面白くないから」と嘆くのはまだ早い。本書は、笑いが生じる場面を詳細に分析し、それを応用可能な「技術」として体系化した、コミュニケーションの教科書なのです。これを読んでスキルを身につけたなら、あなたも必ず「ウケる人」になれるはず。

    わたしは基本的に、おとなしくて、真面目な外見を持っている人間です。
    傍目からみて、「面白そう」っていわれることは無いです(笑)

    ただ、面白いことを言おうとするモチベーションはありますので、なんとか面白いことを言えるように勉強しています。
    この本は、シチュエーションと例文を上げながら、面白い切り返し、面白い発言のやり方を教えてくれます。

    付箋したところをピックアップしてみます。

    A 「キミはダンディだよね。」
    B 「そうなんだよ。この前もオヤジじゃないのに、オヤジ狩りされちゃって(笑)」
    いやなことをポジティブに変換して、カミングアウトする。



    女 「映画『君の名は』みた?」
    男 「ちくしょー!『君の名は』観ておけば、めちゃくちゃ会話盛り上がったのにー。。観てない。。」



    スピーチ 「えー、スピーチ開始20秒で、会場は早くも水を打ったように静まりかえりました。」



    女 「最近疲れているし、仕事終わったらすぐに帰りたいんだよね。」
    男 「じゃあおれ、キミの職場の近くに温泉掘っておくわ。仕事終わりですぐに入れるようにしておく。リウマチに効くけど、いい?」



    ナンパ師 「何か変なことされるんじゃないか問題、の対策をうちで考えよう。一緒に考えよう。(会議を開こう。)」



    (合コンで盛り上げようとして、空回り。)なに、この1対7の構図。。(俯瞰)



    毎日が「めっちゃホリデー」だぞー



    なんなの、その綺麗な肌、CG?
    何食べたらそんなに綺麗になるんですか?



    コピーとると言えば、わたしじゃないですか。わたし、コピー採用ですよ。



    (相手が面白いことを言ったときに)
    「それ、俺が言ったことにしておいてくれない?」



    「最近できた、すっげーオシャレなカフェ行こう!」
    「行こう!どこにあるの?」
    「スターバックス」(真顔)



    電話番号教えて。パントマイムで教えて。



    大事なことは全部◯◯に教わったよ。



    「わたしの話し聞いてる?」
    「いや、キミの顔に見とれてた。。」(電話で)



    A 今日の会議はいつになく沈黙力がありますね。
    B もう時間も時間ですし、やっつけ力でいきますか。



    なんか変なやつが来たかなって想っているかもしれないけど、、
    変なのは俺の髪型だけだから、人柄は普通だから安心して。



    出たよ、◯◯の必勝パターン!



    もう終電的なものがないね。。
    スラムダンクを読してたら、先生に見つかって、もう謝りだったよ。




    普段の会話で何気なく使えるレベルまでなりたいです。
    会話に笑いのエッセンスがあるのは非常に大切なことだと思います。

    練習していきます。

  • 2016/12/28(水)
  • ホムンクルスの目 石井裕之

    ホムンクルスの目

    「なぜ、占い師は信用されるのか?」等の著者・セラピストの石井裕之氏がビッグコミックスピリッツ誌上で連載する大人気コラムが遂に単行本化

    なぜ、占い師は信用されるのか?の石井裕之氏が、スピリッツに連載していたコラムです。
    わたしも週刊誌のときに何度か読んだことがある気がします。


    付箋を打ちながら読みました。
    付箋部のみをピックアップしておきます。


    ・ 相手の欠点をひっくり返して褒める
    目立たないけど、存在感があるファッションだよね。とか
    ぶっきら棒にみえて、本当はすごく優しいひとなんだね。とか
    大人は短所を愛してくれるひとに心を開く。

    ・ もし仮に。ふたりでデートするとしたら、どんなデートがしたい?
    と、相手に空想のきっかけを与えてしまう。こうやって、相手の心のガードを下げる。

    ・ 「緊張しないで」って言えば、緊張を意識して余計に緊張してしまう。
    高いものを買わなくていいよ、と言えば、高いものを意識せざるを得ない。
    無理する必要はないよ、と言えば相手にプレッシャーを与えることになる。
    否定形はすべてキャンセルされる。

    ・ わたしは◯するから、あなたは▲して。という文法でお願いする。

    ・ 目を閉じて、黒板をイメージして。その黒板にチョークで簡単な絵を描いてみよう。
    チョークが黒板に当たる音とか、こすれる感触とか、粉が飛ぶようすとか、できるだけリアルにイメージしながら描いてみて。
    「それって、家の絵じゃない?」
    黒板に絵を描けといわれたら、大抵の女の子は家を描く。

    ・ 自然な笑顔を作るには、キミが心から愛するものを心に描く。

    ・ 僕のことが好きかどうかなんて、付き合っていないうちからどうしてわかるの?
    通常のプログラムに無い、想定外の質問をしてみると、相手は潜在意識にもどって、答えを引き出そうとする。
    「俺なんかモテないのを知っていて、ヤキモチを焼いてくれるのが嬉しい。」逆転の発想で相手はを混乱させる。

    ・ 「いつでないとダメっていうの、ありますか?」と聞かれると、いや、別にいつでもいいけど、、と断りづらい。
    「いつでもいいよって、言ってくれたらご馳走するよ。この日じゃないとダメっていうのある?」

    ・ ハイって言ったら、自分の前のこの辺に、誰か知り合いの顔をイメージしてくれる?
    誰でもいいよ、ふわっとイメージしてみて。
    わかった。そのひとは、女性だね!
    女性をイメージさせたいときは、ふわっと、と言いながら、手で円を描く。
    男性をイメージさせたいときは、ハッキリと、と言いながら、手で四角を描く。
    女性は丸く、男性は四角い。


    20161226_225446

    ・ 魔法の左手。右手で握手をしながら、左を相手の手の上に乗せることで主導権を得られる。頼もしさを与えられる。

    ・ できるだけ不安を口にしないということを心がけるだけで、キミは圧倒的なカリスマのオーラが漂う。


  • 2016/12/21(水)
  • 影響力の武器 実践編

    影響力のぶき実

    『影響力の武器』の六つの原理を実社会で活用した50余りの事例を、ユーモアを交えて描く心理学書。人や組織から同意と承諾を得る方法を、社会の場面にあわせて個別具体的に解説した。世界の名だたる企業の販売戦略、リーダーシップの獲得術など、人が人から協力してもらう方法をあらゆる角度から分析し、実験に裏打ちされた方法論をもとに紹介。成功は失敗談のなかにこそある。

    橘玲氏の本でもしばしば引用される本。
    以前から読みたいと思っていた、影響力の武器 実践編を読みました。

    これは本当に読んでよかったと思える本でした。
    難解な本かと思っていましたが、ひとつひとつの章が短く、簡便に書いてあり、
    しかも、実用に耐えるように書いてありますので、理解が深かったです。

    本書では、ポップ心理学や個人的な経験を書いているのはなく、すべての項目に科学的な根拠がかかれているのが特徴です。
    各項目が短い文章で、実生活にどういかすかの例も挙げてあるところが本書が良書たるゆえんだと思いました。


    影響を受けたところを箇条書きに。


    返報性
    権威
    コミットメントと一貫性
    希少性
    好意
    社会的証明



    この6つの原理がこの本の根幹にあります。


    社会的証明の効果を意識しておくと、人を説得するときに大変役に立つということです。
    「環境保護に協力している大勢の皆さんの輪に加わりましょう」



    他のみんなが、こんなに良いことをしているのだから、あなたも参加しましょう。と、人を説得すると効果があるようです。
    社会的に認められるような集団にするように促すのが良いようです。


    人の考えを自分が望む方向に誘導するには、誰かによい証言をしてもらうのが効果的



    部下に新しいシステムを使うように説得するようなときに、同じ部署ですでにそのシステムを導入してうまくいっているひとに証言してもらったりするような例です。


    会議の欠席者が多いことに悩んでいる(中略)、欠席者が多いという点に注目を集めるような真似をしてはいけません。
    実際には大多数のひとが出席していることを指摘して、欠席者は少数派であることを強調してください。



    ひとは、大多数の他人がやっていることに同調する傾向にあります。大多数のほうになびいていくのです。
    大多数がしようしているという社会的証明を利用して、ひとを説得するとよいようです。


    「妥協の選択」



    ひとは、最低限必要なものと最大限手に入れたいものの中間を選びがちだということみたいです。



    顧客サービス係と会話をはじめて、相手が親切で腰が低く、気が利くことがわかったとして--一番面倒な要求を持ち出す前の段階--相手の応対にとても感心したので、この要件が済んだらすぐに相手の上司に宛てて手紙かメールでそのことを伝えたい、と言いましょう。相手の名前、上司の名前と連絡先を聞きだしたら、徐ろに本題の難しい交渉に移ります。(あるいは、相手の対応が素晴らしかったので、話が済んだら上司に電話を回してもらってぜひ褒めておきたいと伝えます。)



    これは返報性の原理を利用したやり方です。相手に好意を示しておいて、今度は相手がそれに報いなければならないという状況を作り出すのです。上司に簡単な電子メールを出すだけで、電話で怒鳴り合う必要もなくなるのです。


    ポストイットは、人に書面で何かを依頼して承諾をもらう際に威力を発揮するツール


    つまり、何かを依頼するときは、その方法に親しみや心配りが表れているほど、相手が承諾してくれる可能性が高まるのです。



    書面でなにかを依頼するときに、カバーレターではなく、手書きのポストイットを貼り付けるほうが効果があるようです。
    手書きのポストイットは、受取りてからするとそこに送り主の手間と心遣いを感じるようです。これも返報性の原理を利用したやり方です。


    知り合いなどに協力を促すには、まずこちらから本当に完全な無条件で手助けを申し出なくてはならない。



    この方法は相手の承諾を得られる可能性が高まるだけではなく、インセンティブに基づいた脆弱な関係よりも、確固とした信頼と相互理解に基づく協力関係を築くことができるようです。
    これも、返報性の原理を利用したやり方です。


    第一
    ある社会的に好ましい行動を自分が将来行うかどうかを予測するよう求められると、その状況では「行う」と答える。
    第二
    大多数の人は社会的に好ましい行動をとるつもりだと一旦公言してしまうと、自分が請け負ったことと一貫して行動しなければならない気持ちになります。



    「キャンセルするときは、お電話いただけますか?」この問に「はい」と答えた人は、
    自分が請け負ったことは守らねばと感じ、すっぽかすことができなくなるというものです。
    この公言のことを積極的なコミットメントというようです。


    あなたが恩を施してあげた人よりも、あなたに恩を施してくれた人のほうが、頼みを聞いてくれるものだ




    1ペニーでも助かります。一時間だけでも。もうすこし読みやすく書いて頂けると。
    という具合に、まずは小さな一歩でも正しい方に踏み出せば、得られる結果は決して小さくないということがわかるはず。



    まずは小さいお願いを聞いてもらって、徐々に要求を上げていくという作戦のようです。


    熟練した第三者に代理として自分の専門知識について話してもらうのは、大変実りの多く価値のある方法



    学会などの講演の前に、座長が演者の略歴を語るところですね。
    自分で自己紹介するよりも、権威のある第三者に紹介してもらい、「過分なご紹介をありがとうございました。」というルーティンです(笑)
    あれは効果がありますよね。他の人に評価してもらうのは非常に良いことのようです。

    豊富な知識を持つスタッフからの意見を歓迎するような、協力に基づくリーダーシップ。謙虚なリーダーシップが大切。(中略)メンバーが報復を恐れずに発言できる、公正な開かれた環境づくりはリーダーの仕事。



    リーダーとなるには、驕らずに他のメンバーから広く意見を聞けるような存在にならないといけないということですね。
    医者のヒエラルキーの頂点にあるひとに、知ってもらいたいです(笑)


    履歴書に長所ばかり並べたてる応募者よりも、最初に短所や若干の不得意を明らかにしてから、長所に触れるほうが、面接に呼ばれる確率が高い。(中略) 好感度を上げたい場合は、短所には必ずそれに関連した長所を組み合わせて示す。




    お互いの類似点を指摘することが解決への第一歩になります。



    初対面のひとに、出身地や出身高校を聞いて、なんとか類似点を探そうという行為ですね。必要な行為です。
    ひとは共通点、類似点があるひとに好意をいただくようにできているのです。


    希少性の原理



    独自販売とか、限定販売とか、にみんな目がないのです。

    損失回避


    ある仕事を手伝ってくれるように説得したいときは、どのような機会や経験を得られるかだけでなく、そういったチャンスを失いかねないと指摘することも重要。



    新しいものを得る機会を失うよりも、いま持っているものを失うことに、ひとは恐怖を覚えるようにできています。
    損はしたくないのです。

    そのゴールに向かってすでにどれくらい進んだかという証拠を示してあげればよい。



    全くのゼロという状態ではなく、そのゴールに一歩でも踏み出していることを示してあげると、ひとは俄然やる気ができようです。

    社会的影響力を道具としてではなく、武器として使うと、必ず墓穴を掘る。



    ここにあげた方法はあくまでも、道具であり、誠実、公正、持続的に行わないと墓穴を掘ることになるようです。
    武器として使ってはいけません。

  • 2016/12/10(土)
  • なぜ、占い師は信用されるのか? 「コールドリーディング」のすべて 石井裕之

    催眠誘導に引き継ぎ、石井裕之氏の本を読みました。

    石井裕之 占い師

    これまでは、コミュニケーションを良くする方法として、
    「話し方本」「NLP」「心理学」といった本が出版されてきました。

    しかし、これらのノウハウで、本当に人間関係が良くなるでしょうか?
    あまりにも表面的なテクニックばかりで、もう効力はないのです。

    人は「生理的に好き、嫌い」というのが、もっとも重要だからです。
    小手先のテクニックでは、むしろ反発されてしまうのです。

    でも、コールドリーディングは、
    「相手に反発する余地を与えずに、生理的な部分にまで入り込む」
    テクニックなのです。



    「生理的に無理」という人が居ます。
    そういうひとたちの心理を、科学的に分析するとどうなるのか。
    どういう接し方をすれば、生理的に無理と言われないで済むのか(笑)

    意識に気が付かれないさりげなさのことを、subtlety サトルティと言います。
    占い師やコールドリーダーにかぎらず、人の心を引きつけることができるコミュニケーションのプロはこの Subtletyを自在に使いこなしているのです。



    Subtletyという単語は、この本では非常に重要な単語になりそうです。
    さり気なさ、微妙さと訳すのでしょうか。気が付かれないように相手の潜在意識に入っていく、さり気なさを身につけることが重要なようです。

    バブルバインドのポイントは、「お願いしないこと」です。お願いしてしまうと「NO」と言われてしまうからです。しかし、頼まれていないことには、相手は「NO」と言えない。つまりお願いするのではなく、それはもう決まっていることだとという前提にしてしまう。
    そこにはサトルティが必要です。



    これから2人で会うことはもう決まっていて、
    「食事がいい?飲みに行く?」と誘ったり、
    「和食とイタリアンならどっちがいい?」と聞いたりするテクニックです。
    すぐにバレそうですが、意外とうまくいくことが多いようです。

    相手の目を見ることが大切。
    目を見ることが苦手な人は、相手の瞬きが左右で違うことを観察すれば良い。瞬きの回数は左右で微妙に違うものなのです。



    わたしは相手の目をみることが苦手ですが、この本を読んでから意識して相手の目をみるようにしています。
    瞬きの観察をすることで、相手をみるのではなくて、生理学的な「目」を観察するようにすると、自分の自信を印象づけることができるようです。


    ストックスピール 誰にでも当てはまりそうなリーディング

    ・ 信頼していたひとから裏切られたことがありますね。その出来事があってから、付き合う人との距離のとり方を少し考えるようになりました。素直に信じてしまうことは必ずしも良いことだとは限らない。疑うこともときには必要だということを学びましたね。

    ・決断を急いでしまって、失敗したことがありますね。あと少しだけ待っていれば、状況はずっと良くなっていたのに。しかし、その失敗から学べたことも、あなたにとっては貴重な宝物です。

    ・ あなたの仕事の内容から考えると、今の給料には不満がありますね。客観的に正当に評価されていないと、あなたは感じている。その通りだと思います。

    ・ 家族に対する心配事があなたにのしかかっている。できることはやってはきたけど、あなたの力ではどうしようもないことも残っている。そういうときは、時間が解決してくれるのに任せるのが一番です。

    ・ あなたは直感がするどいです。初対面の人とあっても、その人の性格をすぐにつかむことができる。しかし、敏感すぎるときがあって、相手の考えが分かってしまい、気軽に付き合えないというところもありますね。

    ・ あなたは愛情深いひとです。でも、それを伝えるのが下手なときがある。誤解されたり、冷たい印象を与えてしまったりすることがあります。

    ・ 最近、経済的な問題を抱えましたね。

    ・ ピンチを迎えて、もうダメだと思ったときでも、最後の最後にふっと何かが救ってくれる。いままでの人生でそういう経験がありましたね?あなたはいつも何かに護られているのです。

    ・ 友達や同僚から相談を受けることが多いでしょう。頼りたくなるなにかを貴女は持っているんです。

    ・ やるべきことを後回しにしてしまうことが少しありますね。面倒くさがり屋なところもある。せっかく実力があるのですから、どんどん行動したほうが良いですよ。

    ・ 最近、期待していたことが思い通りに進まず、ちょっとがっかりしてしまったことがありますね。あなたが思っているより時間のかかることなのです。焦らず、気長に考えたほうがいいですね。

    ・ ひょっとするとものすごくいい形に発展するかもしれないけど、密かに期待を寄せていることがありますね。隠してもわかりますよ。あなたの表情には希望の光があります。




    これは会話の中で、そのまま使ってみようと思いました。



    悩みには4つのカテゴリしかない。

    ・ 人間関係
    ・ お金 豊かさ全般
    ・ 夢 目標
    ・ 健康

    たとえば、仕事のことで問題を抱えていそうなひとは、「人間関係」「お金」、もしくは「夢」のどれかのカテゴリに当てはまります。
    ほとんどの悩みは、上記4つのカテゴリ当てはまり、大まかな会話の流れから、メインの悩みがどのカテゴリに当てはまるか、想像していく。

    「なにか、人間関係で悩んでる?」

    「いえ、いまは経済的なことで悩んでて、、(Zoom out)」

    「(少し驚いて)その問題には、他人はいっさい関係していないということ?」

    「いや、そんなことはないよ」

    「お金そのものには罪はない。突き詰めれば、そのお金の問題も他人との関係の中で生まれたもの?」

    「確かに。。言われてみれば、友達にお金を貸したことが原因で、、」




    人間関係がちょっと、外れていそうですけど、(Zoom out)のところで、質問を拡大解釈させる技術が書かれていました。
    人間関係が原因で、経済的な悩みが発生してしまうことにします。
    こうやって質問していけば、必ず相手の悩みの性質を見抜くことができます。

    ちなみに、若い女性は、上記4つのカテゴリのうち、「人間関係」か「お金 豊かさ全般」の悩みしか持っていないので、この2択で十分だそうです(笑)

    「最近辛い別れがありましたね?」

    「いえ、ありませんよ。」

    「わかれと言っても、ひととの別れだけではありませんよ。精神的なものもありますし、物や習慣との別れもあります。(Zoom out)」

    「あ、そう言えば、タバコをやめました。」

    「そうです、それです。それはさぞかし辛い別れだったでしょう。」



    (Zoom out)のところで、別れを拡大解釈して、タバコを辞めたことを当てたように振る舞っています。
    これが、占い師がストックスピールを用いながら、相手の悩みを探っていく技術だそうです。


    サトルネガティブ
    否定疑問文を用いて、相手がイエスと答えてもノーと答えてもヒットに持ち込む技法です。

    「猫を飼っていませんよね?」

    「あ、飼っています!」

    「やはりそうですか。このカードに猫の影響が出ています。」

    --------------------------------
    「猫を飼っていませんよね?」

    「いえ、飼っていません」

    「(うなずいて)そうですよね。飼っていないはずなのですが、このカードに猫の影響がでているんです。あなたに近い人で猫を飼っているひとはいませんか。」

    「はい、実家で母が猫を飼っています。」


    という風に、イエスと答えられても、ノーと答えられても、なんらかの相手の情報を引き出すことができるという技法です。

    ・ ~ではありませんよね。

    ・ 人から、~と言われませんか。

    ・ ~には、心当たりはないですよね。

    ・ ~というのは、あなたのことではないですよね。

    ・ ~というのは、いままでに無いですよね?

    などが、サトルネガティブの例です。




    サトルクエスチョン
    質問していることをさとられずに、質問する。

    「いよいよ、新しい一歩を踏み出す勇気が必要なときだ、という暗示がカードに出ていますが、、心当たりはありますよね?」

    「はい。アメリカに留学するためには、今の彼氏と別れる踏ん切りをつけないといけないんです。」

    「(おおきくうなずいて)うん。 あなた自身がもうとっくに気がついていたことですね。」

    --------------------------------

    「さっきからキミの記憶がわたしのなかに飛び込んできて、ひどく動物を怖がっているように見えるんだが、、心当たりはありませんよね?」

    動物を怖がった体験はだれにでもあるのです。ストックスピールのひとつを、サトルクエスチョンとして放出しています。
    相手が思い出す前にその体験をREADしていたという態度を取ることです。




    絶対に外れない予言
    サトルプリティクション

    あなたを密かに想う人
    「あなたは気がついていませんが、あなたのことを密かに想っている人がいます。いままで何度も告白しようとしてきましたけど、直前で怖気づいてしまった。あなたを失うことがとても怖いんでしょう。しかし、今度こそはクリスマス前には告白しようと決めているようです。」




    これはありそうな話で、クリスマス前でも後でも、告白されたら、「あのひとが言っていることが当たっていた!」となります。
    しかし、もしそんな人物が居なかったとしても、、、占い師は、「告白しようと決めているようです。」としか言っていません。
    つまり、絶対に外れないのです(笑)
    このように、実現したときだけ当たったことがわかるというのがサトルプリティクションのカラクリだそうです。

    ・ 近いうちに ~があるはずです。
    ・ Aがあなたに内緒で、~するでしょう。

    職場にあなたのことを恨んでいる人が居ます。あなたに気が付かれないように、なんらの嫌がらせをしようと企んでいるようです。

    もサトルプリティクションの例です。

    なんか、ブラック系の音楽とか聴いてそうなイメージだね。



    好きな音楽なに?と質問するよりも、◯◯なイメージだね。と質問することによって、さり気なく共通点を探すことができます。


    メールを書くときは、相手のメールスタイルをそのまま真似して書けばいい。



    好きか嫌いかは別にして、ミラーリングすることで、相手に好印象を与えることができるようです。

    「パッと思いつく色は?」と聞かれると   「赤」を考えるひとが多い。
    「パッと思いつくヨーロッパの国は?」と聞かれると   「イタリア」を考えるひとが多い。
    「パッと思いつく野菜は?」と聞かれると   「にんじん」を考えるひとが多い。
    「パッと思いつく花は?」と聞かれると   「バラ」を考えるひとが多い。



    心理テスト
    野菜って言われてパッと思いついたものを心にイメージしてみて。
    「オッケー」
    「その映像をイメージしながら、ココロの中で言葉でもつぶやいてみて。’にんじん’’にんじん’というふうに。」
    「(おどろいた様子)」
    「にんじんをイメージしたでしょ?」
    「なんでわかったの?」

    心理テスト
    野菜って言われてパッと思いついたものを心にイメージしてみて。
    「オッケー」
    「その映像をイメージしながら、ココロの中で言葉でもつぶやいてみて。’にんじん’’にんじん’というふうに。」
    「(にんじんではない様子)」
    「どんな感情がわいてくる?」
    「力強い感情かな?
    「それっていまキミが一番求めている感情なんだよ」

    と適当に心理テストをでっちあげる。

    という風に使うそうです。当たっても外れても、なんとかなるって感じですね。

  • 2016/11/30(水)
  • 祈りの幕が下りる時 東野圭吾

    祈りの幕が

    極限まで追いつめられた時、人は何を思うのか。夢見た舞台を実現させた女性演出家。彼女を訪ねた幼なじみが、数日後、遺体となって発見された。数々の人生が絡み合う謎に、捜査は混迷を極めるが――
    第48回吉川英治文学賞受賞作品! 1000万人が感動した加賀シリーズ10作目にして、加賀恭一郎の最後の謎が解き明かされる。


    わたしの好きな加賀恭一郎シリーズの完結?編です。

    さすが東野圭吾の加賀恭一郎シリーズ。めちゃくちゃおもしろかったです。
    加賀恭一郎の生い立ちや、人格形成のすべてがわかる内容になっています。ミステリーとしての要素もふんだんに含んでおり、充実の内容でした。

    読後に、「本当に面白い作品を読んだなあ」と思える、2016年のベスト小説になりそうです。

    Top|Next »

    HOME

    ss

    管理人: ss
    住所:広島県
    年齢:50歳代
    投資:buy & hold 株主優待
    趣味:サッカー(サンフレッチェ広島)、お笑い、映画、読書、マラソン
    職業:内科医

    Twitter:
    https://twitter.com/kabushi_ss

    Mail to:
    kabushiki_ss@yahoo.co.jp

    株ブログ 株主優待へ
    病気ブログ 医者・医師へ

    月別アーカイブ